FANDOM


テンプレート:Redirect テンプレート:基礎情報 テレビ番組TVオバケてれもんじゃ』(テレビオバケてれもんじゃ)は、1985年1月10日 から同年3月28日までフジテレビ系で放送された特撮テレビドラマである。

日曜午前の東映不思議コメディーシリーズの好評を受けて木曜のゴールデンタイム (19:30 - 20:00) で放送された。

当時のフジテレビの社風からか局の人気番組の出演者が大量に出演した。が、『キャプテン翼』(テレビ東京系)など裏番組が強力で視聴率は振るわず、全11回で打ち切られた。

映像はフィルム撮影を基本としているが、特殊効果には一部VTR撮影を行なっており、キネコ処理しなければならなかった当時の純フィルム作品と違い質感の異なる映像が交互にあらわれる点がユニークであった(当時、ジョージ・ルーカスが開発したとされるフイルムの質感を表現可能なVTRは、日本で普及していなかった)。

しかしそうした本作での映像技術は特撮では定着することなく、東映特撮ではファイン・ネガ・ビデオシステムがようやく導入された90年代中盤でも、合成やオプチカル処理はキネコやフィルム焼き付けが主流となっていた。東映特撮作品のVTR撮影への移行は、11年後の『超光戦士シャンゼリオン』を待つことになる。

次回予告で『どきんちょ!ネムリン』と競演し、てれもんじゃがネムリンの予告に出た事もあった。

あらすじ 編集

冒頭で、主人公の林トンボが「僕の家のテレビは8チャンネルしか映らない、だから大好きなキン肉マントップテンキャプテン翼が観られない…」と語るところから始まる(「ベストテン」ではなく「トップテン」と言っているのは、本番組の主題歌を担当する「ザ・トップテン」司会者・榊原郁恵へのリップサービスと思われる)。

テレビを買い替えてくれない両親に業を煮やしたトンボは、自宅のテレビを壊して無理矢理にでも買い替えてもらおうとする(この時の格好は映画「ゴーストバスターズ」のパロディ)。いざ、テレビの目の前で壊そうとした瞬間…そこにテレビから現れたのは、林家のテレビの中に棲みつき"電波のカス"を食べて生きているというオバケのてれもんじゃだった。

ライバルの「ザ・グレートデンキ」は、近所の電器屋(屋号:小俣電器)のオヤジである。『てれもんがいるから林家はテレビを買い替えてくれない』と思い込み、てれもん退治に奔走する。「でんでんでんでん電気の神様…」と祈りながらザ・グレートデンキに変身し、自分で発明した奇妙奇天烈な効果を起こす不思議な銃を使っててれもんを攻撃するのだった。

スタッフ 編集

  • 企画:前田和也(フジテレビ)、平山亨(東映)
  • 原作:石森章太郎
  • 連載:てれびくんテレビランド小学館の学習雑誌
  • 脚本:浦沢義雄、加藤盟、水谷龍二、佐伯孚治
  • 音楽:本間勇輔
  • プロデューサー:清水賢治(フジテレビ)、植田泰治・西村政行(東映)
  • 撮影:林迪雄、池田健策
  • 照明:関口弥太郎、大森康次
  • 美術:安井丸男
  • ビデオ合成
    • 技術:島田健治
    • 映像:小川信明
    • 色調整:石垣強
    • VTR:前岡良徹
  • 助監督:近藤杉雄
  • 録音:川島一郎
  • 編集:只野信也
  • 記録:川村薫、森美禮、山下千鶴
  • 選曲:秋本彰
  • 効果:原田千昭
  • 撮影助手:臼木敏博
  • 装置:江田豊
  • 装飾:装美社
  • 操演:野村正且
  • 衣裳:東京衣裳
  • 美粧:サン・メイク
  • メークアップデザイン:トニー田中
  • 造型協力:レインボー造型企画
  • アクションクリエーター:岡田勝
  • 現像:東映化学
  • 協力:横浜シネマ、東通(システムマネージャー:峰沢和夫)
  • 進行主任:井口喜一
  • 制作担当:小貫綮子、鈴木勝政
  • 資料担当:青柳誠(石森プロ)
  • プロデューサー補:北崎広実
  • 監督:加藤盟、田中秀夫、佐伯孚治
  • 制作:フジテレビ東映

主題歌 編集

主な出演者 編集

放送リスト 編集

  1. ザンゲの神様クラッシュも真っ青!!(ゲスト:クラッシュギャルズ羽賀健二ぶーちゃん小林ブッチー武者とんねるず
  2. 正義の味方ザ・グレートデンキ誕生!! (ゲスト:福岡翼本間淳子
  3. 必殺! <秘>ストリップ銃あっちっち
  4. 紙テープはスーパースターの夢を見る!!(ゲスト:佐藤B作
  5. 高見山直伝! 強い女の子に勝つ方法(ゲスト:高見山大五郎
  6. 恐怖の音声多重総天然色カラーボーイ(ゲスト:結城貢
  7. 不良少女XYZ積木くずしパニック!!(ゲスト:ビートきよし)
  8. トンボが初めて百点満点をとった日!!
  9. 逃げろや逃げろ!! ヒーローはつらい
  10. 私は恋するフランケン(ゲスト:大友龍三郎)
  11. 突然サヨナラ! いとしのテレビ

映像ソフト 編集

2008年7月21日発売の「石ノ森章太郎 生誕70周年 DVD-BOX」にテレビシリーズの第1話が収録され、初のソフト化となった。

関連項目 編集

テンプレート:前後番組 テンプレート:東映不思議コメディーシリーズ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki