FANDOM


009ノ1』(ゼロゼロナイン・ワン ※)は、石ノ森章太郎(当時、石森章太郎)作による、日本の萬画作品。初出は「漫画アクション1967年8月10日号から1970年3月5日号、1974年11月14日号に連載された。

本項では石ノ森の萬画を元にした連続テレビアニメーション作品・『009-1』についても併せて解説する。(詳細は#アニメの項を参照の事)

概要 編集

石ノ森章太郎が初めて青年向け漫画雑誌に連載した作品。自身の作品『サイボーグ009』のアダルト版とも言える。

ウエスト・ブロックの女性秘密諜報機関員009ノ1(ゼロゼロナイン・ワン)が、イースト・ブロックのスパイを相手に活躍する。冷戦時代に執筆されたため、作品内の時代背景も冷戦が続いている設定となっている。

1969年に『フラワーアクション009ノ1』のタイトルでフジテレビ系テレビドラマ化(※内容は原作とは大幅に異なる)、2006年に『009-1』(ゼロゼロナイン・ワン)のタイトルでTBS系テレビアニメ化された。アニメは原作が描かれてから約30年後に製作された事もあり、原作のテイストを21世紀のアニメファンにも受け入れやすくアレンジしている。

日本より海外に受けがよいらしく、海外サイトの記事(英語版のウィキペディアなど)での項目は充実している。

作品タイトルの読み方 編集

「ゼロゼロクノイチ」という読み方は単行本以降のものであり、本によっては「ダブルオー・ナイン・ワン」など複数の読み方があるが、連載開始時は「ゼロゼロナイン・ワン」だった(角川書店版より)。本項では連載版に準じている。

あらすじ 編集

ミレーヌ・ホフマンこと009ノ1は身体をサイボーグ化した近未来のスパイである。胸に仕込まれたマシンガンや強化された跳躍力、マヒ光線を仕込んだ指輪などを駆使し、00機関のボスの指令を遂行していく。

登場人物 編集

009ノ1 編集

主人公。本名ミレーヌ・ホフマン。2065年生まれの21歳。身長161cm、体重52kg。AB型。その身体はサイボーグ化されており、様々な特殊能力を持つ。幼い頃、ウエストブロックとイーストブロックの戦闘に巻き込まれたため両親は死亡、弟ポールは行方不明。本人はウエストブロックの兵士に拾われ、ウエストブロックの諜報部員となった。両親を殺したのがどちらの兵士かわからないことが原因で、深層心理では敵を心から憎むことができないという弱点がある。
ミス・ナイン(第3話)、クール・リズ(第4話)、リリー・ラム(第10話)、ミューズ(第7話)、ミレーヌ・デューク(第25話)、ヤトリーヌなど偽名を多数持つ。
コードネーム「009」(n:1~12)はミレーヌを含めて計12人で、全員同じ顔に整形している。

009ノ1の特殊能力 編集

  • バストガン
両乳房に内蔵された隠し武器。武器を奪われて手を上げた状態でも使えるため、大抵の敵は油断して倒される。発射直前、乳房全体がピクッと動く。作中では「銃」とだけ表現され、回によって描写はまちまちで乳首から針・ビーム・弾丸のどれを発射するのかは明確ではない。
第1話「頭脳を探せ!」では乳首の銃口が描かれている。
第2話「Dr.Xを連行せよ!」では「プシュ!」という小さな発射音と共に撃たれた敵の顔に細かい針が刺さり、毒針を撃ちだす単針銃であると説明されている。
第21話「復讐」では光線銃のように直線的なビームが出て敵の額を正確に撃ち抜き、発射後に乳首から煙が上がっている。
その他の回では「バリバリバリ」「バババ」と大きな銃声が出て発射時に服は大きく破れる。撃たれた敵はズタボロになり、発射後に乳首から硝煙が上がるなどマシンガンを思わせる描写が多い。
バストに武器を持つキャラという設定は同じ作者のキカイダー01に登場するビジンダーの先駆。
  • 光線銃
小型のレーザーガン。ハンドバッグに入れたり太ももに巻いたベルトで携帯する。デザイン・ディティールは一定しない。
  • ミサイルガン
先端にミサイルを装着して発射する。第17話「A Happy New Year」では脱出する二重スパイ、ミス・グラマンの乗る飛行機を破壊した大型ミサイルを撃ち出すタイプ、第18話「鬼」では合成人間を爆殺した小型拳銃タイプの2種がある。
  • 短針銃
靴先に仕込まれている。第21話「復讐」で気絶している間に鉄のブラジャーを装着されバストガンを使えなくされた時に使用した。
  • 指輪
スイッチを押すとマヒ光線を発射する。第3話「超能力者をわがポケットに」では電撃状の光線を出してリチャードを倒していた。
  • 人工皮膚
第1話のみ銃で撃たれても平気という描写があったが、以降は怪我をして出血するシーンが多い。
  • ジャンプ力
足の骨に特殊なバネが埋め込まれており、常人以上に高くジャンプできる。
  • 聴力
自分の意思で常人の100倍にすることができる。
  • 通信用イヤリング
音符が暗号になっているメロディ指令を受け取ることができる。
  • 赤外線コンタクトレンズ
暗闇でも見え、催眠術防止効果もある。
  • 特殊ネックレス
食事に混ぜられた毒物に反応してアラーム音を出す。
  • 携帯薬品
親指の爪の裏に毒薬、薬指には解毒剤を持つ。
  • 人工頭脳
脳内に埋め込まれている。第2話「Dr.Xを連行せよ!」ではDr.Xの研究すべてを記録した。

ウエストブロックの仲間 編集

ナンバー0
サングラスをかけ白髭を伸ばした禿頭の老人。ミレーヌの上司でありウエストブロックの情報機関のキャプテン。情報機関の名称は「00機関」(第1話)、「ゼァロウ・パーティ」(第6話)、「ウエストブロック秘密情報局」(第24話)等あり一定しない。
009ノ7
ミレーヌとそっくりの容姿を持つ。第5話「モンスターを殺せ!」で殉職。目に装備したカメラアイで映像を記録できる。
9グループ
第5話に登場したミレーヌの同僚。それぞれ『サイボーグ009』の002、004、005、006、007、008、009と同じ顔をしている。
020
第7話「古城よりの招待状」に登場。通称ジェット。Mr.リヴェンジの招きに応じてリヴェンジ城にやってきたウエストブロックのスパイ達のリーダー。002が髭を生やして壮年になった容姿の持ち主。5年前ベルリンでイーストブロックのムーアヘッドと銃撃戦になり、誤ってMr.リヴェンジの恋人・マリアを撃ち殺してしまったという過去を持つ。ムーアヘッドと共にMr.リヴェンジに処刑される。
ベム
第7話に登場。リヴェンジ城にやってきたウエストブロックのスパイの1人。就寝中に殺され、首吊り自殺に偽装された。
36号
第28話「R&B」に登場。本名サミュエル・ブリット。通称サム。アメリカ南17区出身の黒人。イーストブロックにも所属する二重スパイであり、黒人だけで構成されたチームを作り、入手した有益な情報を取捨選択して両ブロックに流していた。指令を受けて接近してきたミレーヌに正体と目的を明かし自爆した。
ヒップ・マン
第31話「走る五人」に登場。美青年の男色家。民間人だがゾンド・ソユース博士の奪取のためにウエストブロックに雇われた4人の民間人の1人。「オルガ・スムスキー」と名乗ってイーストブロック情報局長に近づき、ゾンド博士の収容されている研究所をつきとめた。脱出時に兵士に撃たれてしまう。
ショーン・イミティ
第31話に登場。変装の名人。ウエストブロックに雇われた民間人。美少年宿の女将マダム・ウィスキーに変装してヒップ・マンを送り込み、ゾンド・ソユース博士と入れ代わり研究所に残った。
モンキー・パンチ
第31話に登場。軽業師。ウエストブロックに雇われた民間人。リックの作った爆弾を研究所のあちこちに仕掛けて陽動作戦をするが、イワン・ゴドノフの操るヘリに銃撃され死亡。ネーミングは同時期に「漫画アクション」で連載されていた「ルパン三世」の作者からとったと思われる。
リック・エレクト
第31話に登場。機械の専門家。ウエストブロックに雇われた民間人。ミレーヌとゾンド博士の乗り込んだロケットの発射ボタンを押して送り出すが、兵士に撃たれる。

イーストブロック諜報員 編集

リチャード
第3話「超能力者をわがポケットに」に登場。イギリスのチベット遺跡調査隊を全滅させ、生き残りを装ってミレーヌに近づいた。
シャルル・アブナー
第7話に登場。経験の浅い新人スパイ。長髪で片目を隠している。同僚であるクラリスの死にショックを受け、ミレーヌに慰められるうちに愛情が芽生える。ミレーヌを誘い2人で城から脱出しようとするが失敗し騎士ロボットに殺される。
クラリス
第7話に登場。シャルルに好意を持っておりミレーヌに惹かれていくシャルルに嫉妬する。落とし穴に落とされ毒蛇に噛まれて死亡。
ムーアヘッド
第7話に登場。Mr.リヴェンジの招きに応じてリヴェンジ城にやってきたイーストブロックのスパイ達のリーダー。020と同様、銃撃戦でMr.リヴェンジの恋人・マリアを撃ってしまった。020と共にMr.リヴェンジに処刑される。
パロディ
第12話「パロディ」に登場。サイボーグ手術を受け、細胞の配列を変化させて別の人間になることができる。ミレーヌになりすまして重要マイクロフィルムを奪取した。
顔に傷がある男
第16話「クレバス」に登場。顎鬚を生やし顔の横一文字に縫合痕がある。ウエストブロックからマイクロフィルムを奪い逃走する途中でミレーヌと銃撃戦になり、2人でクレバスに落ち込んでしまう。
全身武器の男
第21話「復讐」に登場。右手にマシンガンを仕込んでおり、ミレーヌと撃ち合いになりバストガンに額を打ち抜かれて死亡。双子の弟がいる。
ナンバー100
第23話「No.100」に登場。ウエストブロックの後輩としてミレーヌの指導を受けるが、実はイーストブロックの女スパイ。
ロマン・ギル
第24話「死霊の館」に登場。痩身小柄でメガネをかけた男。表向きは詩人で小説家だが実はイーストブロックのスパイ。睡眠薬で眠らせたミレーヌにイメージ投射機をセット、過去の幻影を見せて殺そうとする。
ポール・ホフマン
第25話「夜明け」に登場。ミレーヌの弟。幼い頃イーストブロックの兵士に拾われ、イーストブロックのスパイとなる。変装の名人。ダーク・グリーン博士に変装してミレーヌに近づき男女の関係を持つが、ミレーヌが自分の正体を知りながらあえて抱かれたと聞き、彼女の目の前で自殺した。
ウフフジミール・ポランスキー
第27話「目覚め」に登場。タイムカプセルでやってきたイーストブロックの未来人。記憶をなくしており、ウエストブロックに保護される。あらゆる人間を言いなりにできる精神コントロール装置の製造法を伝えるためにやってきたという目的を持つが、記憶を取り戻していく過程でミレーヌの優しさに触れ、目的をあきらめ自殺する。
ウラル・ツンドラー
第31話に登場。イーストブロック情報局長。スキンヘッドで男色趣味があり、マダム・ウィスキーの経営する美少年宿に通っている。
イワン・ゴドノフ
第31話に登場。ツンドラーの右腕でイーストブロック情報局次長。行動力のある実力派。
Mr.エッグ
第32話「HARD BOILED」に登場。スキンヘッドで痩身のスナイパー。名前の通り、卵のような風貌を持つ。ウエストブロックのスパイを狙撃してゆく。プライドの高さを利用されミレーヌに倒される。

漫画 編集

  • 双葉社
    • 009ノ1 (1)
    • 009ノ1 (2)
    • 009ノ1 (3)
    • 009ノ1 (4)
    • 009ノ1 (5)
    • 009ノ1 (6)
  • 中央公論社 文庫
    • 009ノ1 (1)
    • 009ノ1 (2)
    • 009ノ1 (3)
    • 009ノ1 (4)
  • 角川書店

テレビドラマ 編集

テレビドラマ作品。フラワーアクション009ノ1を参照。

アニメ 編集

テレビアニメ作品。009-1を参照。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki