FANDOM


風見志郎は、『仮面ライダーV3』の主人公。

概要 編集

本編の主人公。城南大学生物学部の学生であり、本郷猛の後輩。

プロフィール 編集

1950年5月5日に、東京都練馬区に生まれる。身長180cm、体重78kg。家族構成は父・風見達治、母・風見綾、妹の風見雪子[1]

父は自動車修理工場を経営していた。スポーツが得意で、器械体操においては「マットの白い豹」という異名を持つほど。立花藤兵衛の元でオートレーサーを目指していた。元々は陽気な青年で周囲にも明るく接するが、改造人間の宿命やこれ以上自分以外に不幸になる人を増やしたくないと考え、自分に思いを寄せる珠純子には冷たく接する等、他人と距離を置こうとする態度もしばしば見せる。

しかし、戦いの中での人間的成長を見せ、結城が復讐心を捨てて正義の戦士となるにあたって大きな役割を果たし、少年仮面ライダー隊の子どもたちに対しても良き兄貴分として接していた。家族を殺された身である設定を生かし、親のいない子供やデストロンによって親と離れ離れになってしまった子供への強い思い入れを描いたエピソードが散見される(38話、39話など)。ハーモニカが得意で、妹・雪子との思い出がある「埴生の宿」を好む。普段着では白いベストとジーンズに、青いワイシャツの組み合わせを主に他にはライダースジャケットなど特徴的な衣服を着用する。

なお、対ドリルモグラ戦の折、珠純子に自分の正体を疑われた時に激しい動揺を見せているため、少なからずとも彼女の事を思っていた模様。しかし、この一件以降、デストロンと侵攻計画がより一層激しいものとなってしまい、この二人の愛を育む状況にはならなかったため、成就しなかった。

誕生のいきさつ 編集

デストロンの犯罪を目撃したことから命を狙われ、怪人ハサミジャガーによって両親と妹を目の前で殺害される。本郷が仮面ライダーであることを知り、復讐のために改造人間になることを志願するが一旦は拒否される。しかし、デストロンの罠からダブルライダーを救おうとして瀕死の重傷を負ってしまったため、ダブルライダーから緊急の改造手術を施され3人目の仮面ライダーとして復活した。「勝利 (Victory)」を意味する「V」とライダー3号としての「3」を合わせて“仮面ライダーV3”と命名される。

仮面ライダーV3としての能力 編集

ベルトに1号ライダーの技と2号ライダーの力を象徴するダブルタイフーンを装備し、ダブルライダーの変身ポーズを組み合わせたポーズと「変身V3」の掛け声で仮面ライダーV3に変身する。

ジャンプ力60m、100m走1.6秒。V3としては高い戦闘能力があり、1号&2号と同様ジャンプ力とキック力が基本である。また、改造手術で組み込まれた多くの装置・ギミックや必殺技は「V3・26の秘密」と称されている。しかし、改造手術の直後にダブルライダーが姿を消したために多くの能力を知らないまま戦うことになった。そのため、初期は苦戦することも多かったが、特訓や怪人との戦闘を通じて「26の秘密」の一つ一つが解明され、戦力を向上させていった。26の秘密の半数程度は劇中未使用に終わっている。初披露されたのは2話でのテレパシー、最後に披露されたのは21話の細胞強化装置である。必殺技はV3キックおよびそのバリエーションが多く、きりもみキックや回転三段キックなど26の秘密以外の技も多用している。また、『スカイライダー』では新たな技「空中四の字固め」を披露している。

また「4つの死の弱点」も存在している。劇中で確認されたのは「逆ダブルタイフーンを使うと3時間変身不能になる」ことのみである。残りの3つについては「V3バリヤーで耐えられる電圧は100万Vまで、砂地での戦いが苦手、深海1万m級の高圧力には耐えられない」との雑誌設定がある。一方で、総集編ビデオ『仮面ライダーメモリアル』では、「残り三つは明らかではない」旨が語られている。他の弱点としては第3話にてダブルタイフーンを塞がれると能力が低下することが暴かれ、一度敗北している他、強力な磁束を浴びると補助用電子頭脳に悪影響が出て活動力が低下する点が劇中で明示されている。

V3のデザインはテレビマガジン講談社1973年の記事によるとショウリョウバッタをモチーフにしているとされているが、その後のムック等の文献類にはトンボがモチーフと記されている事が多い[2]

スクランブル・ホッパー
ホッパーに装着された一般市民援護用緊急音響兵器。少年仮面ライダー隊員に配布された。
ライダートリプルパワー
1号、2号との合体技で、ダブルライダーが運転する二台のサイクロンの後部に立ち、右手を2号の左肩、左手を1号の右肩に置き、エネルギーを集中させながら突撃する。原始タイガーに使用。
空中四の字固め
ネオショッカー怪人マントコングに使用。怪人の怪力を押さえ込むために空中まで投げ飛ばし、宙に浮いた際に相手の足を四の字で組み、その直後地面に落下させ締め付ける痛みと衝撃を与える。

V3キック 編集

ダブルライダーの必殺技、ライダーキックを継承した蹴り技。しかし、機械合成怪人であるデストロン怪人には決め技となることは少なかった(トンボがモチーフとされるV3にとって、脚力を活かすキックは不得手だったのではないか、という考えもある[3])。そのため、立花藤兵衛との特訓で新たなキック技を開発する(後述する「マッハキック」「ビッグスカイキック」など)ことや、「V3反転キック」「V3きりもみキック」「V3フル回転キック」など、空中でアクションを加えてキックの威力を増幅させることで、多くの怪人や悪の組織と戦っている。

V3フルキック
捻りを加えないドロップキック。『スカイライダー』ゲスト出演時にも使用されたが名称は「V3ダブルキック」に変更されていた。
V3きりもみキック
ハイジャンプの後、空中で錐揉み状に回転し、急降下して放つキック。レンズアリやカミソリヒトデなどの機械合成怪人、またライダーマンとのコンビネーションにより、強敵サイタンクにもとどめを刺した。
V3フル回転キック(回転フルキック)
ハイジャンプの後、前方に3連続で回転することで勢いを付け、更に両足で放つことで威力を増幅させたV3キック。キバ一族との闘い以降「フル回転キック」に統一。デストロン最後の怪人・ザリガーナに致命傷を負わせている。
V3ビッグスカイパンチ/V3ビッグスカイキック
空中戦が得意な「ツバサ軍団」対策用。その名の通り空中戦用の技。ハリケーンを踏み台に使用した。
V3マッハキック
これも「ツバサ軍団」の死人コウモリ対策で編み出された。身体を身直させ横回転のブーメラン状で体当たりする技。後にサイタンク戦では破られている。
V3必殺キック
48話において使用。デストロン首領に仕掛けるものの、まだ首領への信頼が消えず盾になったライダーマンに命中した。後年のゲームソフト『ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス』ではV3の最強技として扱われている。
V3ダブル反転キック
ネオショッカー怪人マントコングに使用。V3反転キックの派生技であり、V3キックの後に反転する際、左右にそれぞれ、円を描くように反転して蹴り込む。マントコングの怪力と強靭な肉体を計算し、エアープレーンスピンに酷似した投げ技を受け、この勢いを利用して放った。

V3チョップ 編集

ライダー1号と同様の、強力な手刀打ち。機会合成怪人であるデストロン怪人に対しては、V3は1号以上にチョップを多用した。

V3電熱チョップ
右手にエネルギーを集中して放つ、強力なチョップ。ジシャクイノシシのスーパージシャクを破壊した。
V3きりもみチョップ
錐揉み回転を併用して、威力を高めたチョップ。キバ一族のユキオオカミにとどめをさした。

26の秘密 編集

これらものは児童誌などの設定で本編未使用の能力も少なくない。

ダブルタイフーン
右の風車に1号の「技」、左の風車に2号の「力」が秘められている。
超触覚アンテナ
これを介して1号・2号とテレパシーで会話する。
V3ホッパー
500m上空から10km四方を偵察。すがやみつるの漫画版では武器としても使用。
ライダー遠心キック
上空を大きく旋回した遠心力で複数の敵にキックする技。
特殊強化筋肉
マシンガンの銃弾すら弾く特殊合成繊維製の筋肉。
スクリュー・キック
空中で体をスクリュー状に回転させ敵にキックする技。
特殊スプリング筋肉
肩部のあらゆる衝撃を吸収する特殊筋肉で強度は特殊強化筋肉の10倍。
V3ドリルアタック
ドリル状に回転しながら敵に体当たりする技。
Oシグナル
1号・2号と同様の改造人間探知装置で単体での効果範囲は2km。
レッドランプパワー
ダブルタイフーンのレッドランプが点滅するとエネルギー倍増。熱線をはね返す機能もある。
V3バリヤー
全身の表面に特殊コーティングバリアーを張って電気エネルギーを吸収。
V3反転キック
敵に蹴りを放ち反転、もう一度蹴りを加える技。
逆ダブルタイフーン
ダブルタイフーンを逆回転させたエネルギーで敵を粉砕する。ただし使用後は3時間変身不能となる。
レッドボーンパワー
胸のレッドボーンにエネルギーを集中して強力なパワーを発揮。
クロスハンド
手を交差させることで起動する細胞強化装置。一時的に肉体強度を増強。
空気ボンベ
体内に設置された圧縮ボンベ。連続使用時間は3時間。
V3ダブルアタック
相手を持ち上げて振り回してから投げ飛ばし、止めに「V3キック」を放つ。
エナージ・コンバータ
1号・2号と同様のエネルギー貯蔵装置。1基で1号・2号の2基分の性能を持つ。
プロペラ・チョップ
両手をプロペラ状に廻して敵にチョップをする技。
エレクトロアイ
壁を透視する電磁アイ。1号2号のCアイ(キャットアイ)より性能が向上されている。
マトリックスアイ
複眼の一つ一つが異なる効果の光学装置として働き、怪人の体を分析する。
フリーザー・ショット
触覚から出す冷凍光線(ダブルタイフーンから放つという記述もある)。
グライディングマフラー
2本のマフラーと襟の安定翼で滑空する。
V3サンダー
触覚から出す100万Vの稲妻。
レッドボーンリング
レッドボーンにエネルギーを集中させ、全身をタイヤ状に変形させて敵に体当たりする技。
火柱キック
脚に内蔵された小型原子炉で脚部を赤熱させてキックする。

ハリケーン 編集

  • 全長:2300mm
  • 全高:1210mm
  • 重量:320kg
  • 最高出力:1000馬力
  • 最高時速:600km

V3の専用オートバイ。志郎が常用するオートバイが、V3への変身に伴って高性能オートバイに変形する。ライダー1号2号によって新サイクロン号の後継機として開発されたもの(児童誌などでは立花藤兵衛も制作に協力したとされている)。2話で初登場した。原子力エンジンを搭載している。伸縮式の翼の下にロケットブースターが装着され、10時間の空中飛行が可能。オフロードの機動性も高く、地上戦でも威力を発揮した。カウル前部に仮面ライダーの変身ベルトと同じタイフーンを装備し、風力エネルギーを吸収しながら走行することが可能。風車の色はスピードに応じて、青から黄色、赤へと変化する。撮影用車両は2台用意され、カウルの下の色が白いタイプと黒いタイプが確認できる。

撮影用のベースマシンはスズキのモトクロッサーTM250。400ccの車両をベースとしたものも存在する。前作のハスラー以上に軽量な車体で性能が高くなった。デザインは石森章太郎のラフ画を元にスズキのデザイナーがまとめたもの。

なお、風見の常用バイクはGT750。水冷2サイクル3気筒の大型車。

V3以降のシリーズに客演した際に、2回新規製作されている。1回目はスカイライダー登場時で、当時のスズキハスラー125が使用されている。2回目は展示イベント「仮面ライダーワールド」の展示用で、ヤマハセロー225を使用して製作されている。

撮影エピソード 編集

アクションシーンの撮影に当たっては宮内洋自身が、疾走するオートバイ上で「手放し運転」状態による変身シーンなど、危険なアクションシーンをスタント無しで演じていた[4]

V3の変身や見得名乗りは元来「ブイスリー!」と発声していたが、語尾を「いー」で力むのは発声上無理があり体裁も良くないため、宮内自身の発案で「ブイ・スリャァ!」→「あ」でシャウトする形にアレンジしたという。また、音響の太田克己によればその方がディレイ(エコーの一種)の残響が良いとの事。アレンジ前に収録されたOPのタイトルコールや初期数話での変身時などでははっきりと「ブイスリー」と発声している。

しかしこの独特の見得名乗りは非常に印象的であり、漫画作品『仮面ライダーSPIRITS』では見得名乗りのセリフを「V3ぁ!」として表現している。

ゲスト出演 編集

歴代ライダーの中でもゲスト出演が最も多く(最多ゲスト出演は2号ライダーの27回。V3は21回で2位)、新旧ライダーの「橋渡し」としての活躍も多い。多くの作品で変身前の風見志郎としても出演し、変身後のみの登場だった『仮面ライダー(新)』23話や『スーパー1』劇場版、『レッツゴー仮面ライダー』でも宮内洋が声を当てている。

昭和仮面ライダーシリーズ 編集

仮面ライダーX
立花が講談で語る歴代仮面ライダーの回想を聴きに来て敬介と出会う。クモナポレオンに敗れたXライダーにマーキュリー回路を組み込む強化改造を施した。この際、敬介に自身の血液を輸血したため、通常の戦闘能力が発揮できずクモナポレオンに遅れを取ってしまう。
仮面ライダーストロンガー
歴代ライダーの中で最初に登場し、第35話から合流。マシーン大元帥を追ってエジプトより空路で大阪国際空港に入り、マシーン大元帥の上陸した神戸港へ向かった。上陸直後のマシーン大元帥と互角以上に渡り合い、必殺のV3キックで敗走させ、ヘビ女に電気パワーを吸収されて窮地に陥っていたストロンガーを助けた。変身ポーズの効果音が変更されている。
第37話では、互いを知らずに対立状態になっていたストロンガーとライダーマンの仲裁役に回った。その後、ライダーマンと富士ダム破壊の阻止に向かった際、磁石団長に不覚を取り、地震発生装置の地割れにより地中に落ちて彼とともに捕まってしまうが、Xライダーとアマゾンに救われて戦線復帰した。後日談となるTVSP『全員集合!7人の仮面ライダー!!』にも登場。
スカイライダー
第23話で初登場し、スカイライダーとともにムササベーダー兄弟と戦った(この時は素顔は見せていないが、声は主演時と同様に宮内洋があてている)。第34・35話ではタコギャングを追ってボルネオから駆けつけ、マントコングとの前哨戦で「V3キック」、「V3チョップ」、「V3ダブルキック」、新技「空中四の字固め」を披露し、やはり新技である「V3ダブル反転キック」でマントコングを倒した。宮内が得意とする、バイク走行中に手放しで行う変身も披露された。最終話ではギリシャから帰国。
仮面ライダースーパー1
劇場版に登場。
仮面ライダーZX
TVSP『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』にも登場。
仮面ライダーBLACK RX
ダブルライダーの不在時には、残りの歴代仮面ライダーのリーダーシップを取り、本作でもジャークミドラとの戦闘時にXとアマゾンに指揮をとった。

HERO SAGA 編集

『MASKED RIDER V3 & RIDERMAN EDITION -RIDERMAN ANOTHER AFTER-』
結城丈二の復活を見守った。

『仮面ライダーSPIRITS』 編集

仮面ライダーSPIRITS』では、第1部第四話で、エジプトで行方不明になった発掘調査隊を調査していた。第五話でのV3マッハキックは、1号のライダーきりもみシュートと同じく新解釈がされており、愛車ハリケーンとの連携技となっている。ライダーマン=結城とは短い場面ではあるが、気心が知れた仲であることが強調されている。

TV版では本郷同様、陽気で熱血漢な部分もあるが、本作ではクールかつストイックな性格を強調。特に村雨と境遇が似ているため、彼に厳しく接し、改造人間として生きる意味や仮面ライダーとして戦う覚悟などを度々問い掛けている。

第2部第三話では、暗闇大使によって金縛りにされた1号と2号を間一髪のところで救出。第二十一話では復讐心に駆られて我を忘れたZXと対決、互いの必殺キックをぶつけ合って大ダメージを負った。この時は復讐に囚われた村雨を同じ仮面ライダーとして認めず、仲間とすることも拒否するが、滝やルミの言葉、良の中にある復讐心以外の戦う理由を垣間見たことから、しばらく様子を見ることを決意。

第3部では孤立した四国でサザンクロスと戦い、ダブルタイフーンの左側を損傷。四国全域を覆う特殊な電磁場により、本来の力を出せず焦るZXに、再び仮面ライダーとはどういったものかを語り、再起するきっかけを与える。不完全なベルトと癒えない傷を抱えながらも、再生ドクトルGを含む再生デストロン軍団を、残る力を振り絞ってその性能をフルに活かして制圧。特訓によって新たな技を習得し、助っ人に駆けつけたZXが一人で再生ヨロイ元帥ら三幹部を撃破するのを見届け、その成長に目を細めると同時に、初めて彼を10人目の仮面ライダーとして認めた。

村雨のことを含む後事を親友である結城に任せ、自らは姿を見せたJUDOに対し、相打ち覚悟の全力攻撃を敢行。幸い死ぬことはなかったが、その反動で変身不能に陥る大ダメージを負うが、JUDOに痛打を与え、四国を開放することに成功する。それからは結城に託されたカセットアームを頼りに静岡へ向かい、再生ブラックサタンとの戦いで苦戦気味であった茂の援護を行った。ブラックサタン鎮圧後はダブルライダーと合流すべく、茂とともに東京に姿を見せる。隊長ブランクと対峙するストロンガーの援護をするが、本郷たちと合流できない現状に苦戦する。

『仮面ライダーEVE』 編集

仮面ライダーEVE』では、かつて数々の悪の組織に立ち向かった歴代仮面ライダーの1人として登場。滝や藤兵衛の口からその活躍が語られるが、終盤、復活したショッカー首領に立ち向かうために全員が日本に駆けつける。

平成仮面ライダーシリーズ 編集

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー
ショッカーグリードが誕生したことで歴史が変わり、誕生しないこととなってしまっていたが、終盤復活する。
仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX
地中海諸島G国でライダーマンとともに財団Xと戦う。

HERO SAGA 編集

『MASKED RIDER DEN-O EDITION -1971年4月3日-』
岩石大首領を倒した直後の時間軸から1971年に呼び出され、岩石大首領(ネガタロス)に苦戦する電王やゼロノスに助太刀する。

仮面ライダーシリーズ以外の作品 編集

脚注 編集

  1. 仮面ライダーシリーズで生きている主人公の家族が全員登場するのは、本作のみである。第1話ではこの日常生活の風景が後に起こる悲劇を強調させる演出となっている。
  2. 『仮面ライダー Vol.3』講談社、p.4では、「企画最初期段階でモチーフをトンボとしていた」と記載される。
  3. 稲垣栄洋『仮面ライダー昆虫記』実業之日本社、2003年
  4. 特に26話での追跡シーンにおいてバイクから車への飛び移りは地面のやわらかい九十九里浜までわざわざ1シーンのためにロケに訪れたという(宮内談)。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki