FANDOM


結城丈二は、『仮面ライダーV3』のサブヒーロー。

概要 編集

43話から登場し、V3と共闘したサブヒーロー。後に仮面ライダー第4号として認められる。

プロフィール 編集

1950年11月3日生まれ。身長175cm、体重70kg。京都大学工学部出身。優秀な科学者でIQは201を誇る。科学者らしく沈着冷静で生真面目だが、猪突猛進で暴走しがちな面も持つ。自分の研究が認められなかった助手時代にデストロンのスカウトを受け入団した[1]。デストロンの実態を知らないまま、平和のためと信じて研究を続け、科学班のリーダーとして頭角を現していた。ライダーマンとしてデストロンと敵対するようになってからも迷いは残り、首領にはV3キックから思わず身を挺してかばってしまうほどの信頼と恩義を感じていた。

設定では志郎と同年齢で、本編でも対等の口調で喋っているが、『仮面ライダーストロンガー』客演時のみ志郎に対して「風見さん」と呼び敬語を使っていた。

普段はカセットアームを持つ右手のみグローブを付けている(『スカイライダー』客演時には両手に指切りグローブを付けていた)。

誕生までのいきさつ 編集

科学班リーダーとしての活躍で将来の大幹部との呼び声も高かったが、自分の地位が脅かされることを恐れたヨロイ元帥の讒言で、裏切り者として処刑されそうになり、硫酸のプールで右腕を失ってしまう。間一髪のところを部下の片桐次郎たちによって助けられ脱走に成功。彼らの協力で、失った右腕の改造手術を受け、仮面ライダー風のヘルメットを受け取る。これに伴ってライダーマンへの変身能力を得て、ヨロイ元帥への復讐を誓った。当初はヨロイ元帥個人への復讐が目的であり、デストロンへの信頼は残していた。そのためV3とも敵対関係にもあったが、デストロンが悪の組織であるという事実を知ってからはデストロン壊滅のために共闘するようになった。

ライダーマンとしての能力 編集

「ヤー!!」という掛け声とともに一定のポーズを取って、ヘルメットを被り変身する。右腕はカセットアームと呼ばれ、アタッチメントを替えることでさまざまな攻撃が可能になる。全身を改造された改造人間ではなく、強化服によって身体能力を増幅している。そのパワーは成人男性の6倍程度とされ、20mのジャンプ力や厚さ8cmの鉄板を打ち抜くキック力などの常人を凌駕する戦力は有している[2]。怪人相手には苦戦する場合が多いが、戦闘員には充分に太刀打ちできる。V3と共闘するようになってからは、ロープアームやネットアームが怪人の牽制やV3のアシストに活用されていた。

強化服の機能については、筋力面の増強だけではなく、呼吸機能や循環器を強化する人工細胞、代謝調節や疲労低減を担うメタボライザーを搭載しており、運動能力に関係する機能全般を強化するという設定も存在する。

モチーフは特になく、仮面ライダーに似た姿がデストロンへの復讐心を象徴しているとの設定がある(ヨロイ元帥への挑発と記述するものもある)。

戦死と生還 編集

51話において東京を救うために最終兵器プルトンロケットに乗り込んで自爆し、その功績でV3から“仮面ライダー4号”の称号を贈られる。この展開については「一度悪に染まった者がライダーの仲間入りするにはそれなりのみそぎが必要」と担当プロデューサーが後に語っている。

その後『仮面ライダーX』において再登場を果たし、歴代仮面ライダーの戦列に加わる。映画『五人ライダー対キングダーク』ではパワーアームを左手に装備していたが、その事情は不明。

生還の経緯については“プルトンロケットの爆発寸前に脱出し、漂着した南太平洋の島で傷を癒した”と当時の児童雑誌で紹介されてはいたが、劇中では特に描かれていない。『五人ライダー対キングダーク』における再登場までの経緯については後年のさまざまな二次創作作品で題材にされることもある[3]。なお、後年になって平山プロデューサーにより、1号&2号に救出され再改造されたとの設定も作られている。

評価 編集

主役としてのシリーズがなく、そのアウトロー的なキャラクターと戦力的な弱さ[4]のためもあってか、当時の児童層の人気はいまひとつであった。歴代ライダーの列には加わっていたものの営業展開上の立場は安定したものではなく、CMや玩具セット等の商品展開から彼のみが外されることも少なくなかった。

しかし、後年は次第にその立場が安定し、その悲劇性を帯びた特異なキャラクターが成人したファンによって見直された。後年創作されたコミカライズ作品では重要な役割を演じているケースが見られる。また、低迷し始めていた視聴率がライダーマンの登場によって多少は盛り返したという実績もある。

カセットアーム 編集

ロープアーム
ロープ銃のアタッチメント。ロープ先端にはフック状の武器が繋がれている。敵への攻撃やウインチの機能を利用した登攀に使われる。もっとも多用され、戦闘員への打撃武器としても多用された。後年のゲスト出演では、ロープで怪人を捕獲して地面に叩きつける技が、決め技として使用されている。
スウィングアーム
ロープアームのバリエーション。ロープの先端が星球状の分銅になっているアタッチメント。スカイライダー客演時には、これをロープアームやパワーアームと呼んでいた。
ネットアーム
ロープアームのバリエーションでネット銃のアタッチメント。敵の捕獲に使用。
パワーアーム
先端に2つの弧月状の爪がついた戦闘用アタッチメント。
ドリルアーム
ドリルのついたアタッチメント。コンクリートの厚い壁にも簡単に穴を開ける。弱点は、2.5キロボルトの電圧がないと作動しない(バッテリーが内蔵されているがこれが切れたら外部電源が必要)。『仮面ライダーSPIRITS』では、ヨロイ元帥(クローン体)を倒す際に用いられた。

劇中未使用のアタッチメント 編集

以下は設定されたものの、放送時に登場しなかったバリエーション。近年に発売された玩具やアクションフィギュア(メディコムトイの「Real Action Heroes」等)、漫画版で登場している。

オクトパスアーム
登攀用のアタッチメント。
オペレーションアーム
万能修理メカ。『仮面ライダーSPIRITS』において登場し、切断されたXライダーの左腕修復手術や、損壊したV3のダブルタイフーンの修理を行った。
カマアーム
ロープアームのバリエーション。先端がカマ(鎌)になっているアタッチメントで、これを装着したスチール写真が存在する。
スモッグアーム
煙幕機能を備えたアタッチメント。
チェーンアーム
ロープアームの企画時の形態。銛状の武器が付いたアタッチメント。
マシンガンアーム
機関銃が組み込まれたアタッチメント。『仮面ライダーSPIRITS』や『スーパーヒーロー作戦』などでは決め技として使用されている。
カッターアーム
刀剣状のアタッチメント。PSのゲームではディスクカッターの形をしている。

ライダーマンマシン 編集

  • 全長:2050mm
  • 全高:1080mm
  • 重量:200kg
  • 最高出力:400馬力
  • 最高時速:250km
ライダーマンの専用オートバイ。丈二が常用するオートバイをそのまま使用している。そのため他のライダーマシンのような突出した性能はないが、改造によって原子力エンジンを搭載し普通のオートバイを越えるスペックを持っている(丈二が強化服を着た状態で車体能力、操縦技術をフルに発揮できるスペックに抑えられているという)。シートの下にライダーマンのヘルメットを収納し、カセットアームを運搬しているという設定もある。各種探査装置を装備し、事件の捜査や追跡にも能力を発揮している。搭載されたドライブコンピューターでハンズフリー走行が可能で運転中の変身やアタッチメント換装、使用も可能。劇中では固有の名称が登場しなかったため、書籍などでは「ライダーマンのオートバイ」などと記載されることが多かったが、近年は「ライダーマンマシン」に統一されている。撮影用車両はスズキハスラーTS-250 4型を使用。

制作エピソード 編集

平山亨によれば、山口の起用は元々彼が風見志郎役の候補者の1人であり、本人も平山の自宅に押しかけるほど熱心にアピールしていたことがきっかけだったという。平山には彼を何かの役に起用したいとの思いがあり、ライダーマンの設定が出てきた際に山口にオファーを出したという。妻の山口千枝は「ライダー役が決まってうれしいはずなのに、『決まったよ』としか言わなかった」と回顧している。

ゲスト出演 編集

昭和仮面ライダーシリーズ 編集

『仮面ライダーX』以降のゲスト出演では、カセットアームなしで怪人と渡りあったり、ライダーキックやライダー回転キックを放てるようになっているなど、他のライダーと互角の戦力で描かれており、立花藤兵衛と「おやじさん」「丈二」と呼び合うなど、性格設定も他のライダーと同等の扱いになっている。書籍によっては、プルトンロケット事件での負傷を機に再改造・パワーアップしたと記されていたり、平山プロデューサーの監修する書籍でも再改造説を採っている。しかし、再改造の設定が本編で明示されたことはない。

仮面ライダーX
劇場版に登場。テレビ版にも客演予定であったが、山口が当時『電人ザボーガー』に主演していたため実現しなかった。
『仮面ライダーストロンガー』
第37話から登場し、ヨロイ騎士を追ってギリシャから帰国。ヨロイ騎士を追っていた際、ストロンガーを敵だと勘違いして対立してしまうが、V3が駆けつけて仲裁に入り和解する。彼らしく、猪突猛進ぶりも健在である。かつて日本でともに戦った関係から、風見=V3とコンビで戦うことも多く、ともに富士ダム破壊の阻止に向かった際にはヨロイ騎士に敗北して捕まってしまうが、Xライダーとアマゾンに救われて戦線復帰。主要武器である「カセットアーム」は使用されなかった。後日談となる『全員集合!7人の仮面ライダー!!』にも登場。
『仮面ライダー(新)』
スカイライダーとの連携で怪人ドブネズゴンを倒した。
『仮面ライダースーパー1』
劇場版に登場。
『仮面ライダーZX』
TVSP『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』にも登場。山口暁は1986年に死去しており、『10号誕生!!仮面ライダー全員集合!!』に結城丈二として客演(当時の芸名は山口豪久)したのが最後の登場である。『10号誕生!! - 』では当時東映アクションクラブに所属していた無名時代の唐沢寿明(当時・唐沢潔)がライダーマンのスーツアクターを演じている。
仮面ライダーBLACK RX
戦闘時の主要武器として「ロープアーム」を使用した。本作においてもV3とコンビでジャークミドラと戦った。

HERO SAGA 編集

『MASKED RIDER V3 & RIDERMAN EDITION -RIDERMAN ANOTHER AFTER-』
東京全滅作戦の阻止成功後、海底基地「神ステーション」の近辺で瀕死の状態でダブルライダーに発見され、止むを得ず意識がないまま神啓太郎の力を借りて改造手術をされたライダーマン。酸素供給機(パーフェクター)で水中での戦闘が可能になり、左腕もアタッチメントアームを装着可能となる。

『仮面ライダーSPRITS』 編集

仮面ライダーSPRITS』では、第1部第六話でTV版において描かれなかったプルトンロケット爆発からの生還劇とアンリとの出会いを描く一方、改造部分はあくまで右腕のみで、スーツは人間以上の身体能力を発揮させる強化服であるということが強調されている(しかし、スーツの性能は大幅に改良されており、第2部では一文字からのテレパシーを受け取る場面が存在する)。そのほか、科学者とあってほかの仮面ライダーのメンテナンスも行っている。

前述のアンリとの縁から、インターポールと仮面ライダーとの橋渡しを行うことも多い。かつてタヒチで出会った少女・ヒナウには「ジョージ」と呼ばれ、アンリともども「パパ、ママ」と慕われていた。

第3部では四国で窮地に陥っている志郎や藤兵衛の元に駆け付けるべく、無理にオーバースペック改造を施させたライダーマンマシンで瀬戸大橋を越えようとした。四国では愛媛でヨロイ一族と交戦、特殊な硬化ムースで敵の動きを封じ、ヨロイ元帥を追い高知へ向かう。変身不能に陥った志郎のために自身の右腕をその場に置き、BADAN本拠地へ潜入。富山湾で再生悪魔元帥が繰り出したバダンシンドロームを繰り出す幻影の竜を、内部のシステムを破壊することで消滅させる大役を果たしている。志郎に託したのはカセットアームのみで、ヘルメットは所持しており、「幻影の竜」制御の折には変身し、新たに開発した「コントロールアーム」によって制御、青森へと導いた[5] 。だが、この制御によって時空破断システムの生体コンピューターのうちの3割が脳死した。

JUDOが歴代ライダーに変身した際には、ライダーマンのみ再現されなかった。また、暗闇大使からは「イレギュラー」と呼ばれたが、これはライダーマンが完全な改造人間ではないためである。本作の設定として、研究員時代はデストロン機械合成怪人軍団の武器や能力などは、結城が開発に関わったことが示唆されている。

TV版では不確かだったカセットアームの変換が、ベルトの両腰のポケットがエナジーコンバーターであった設定から、変換用のカセットが入っていることに変更され、そのカセットを肘部のスロットに挿入して変換される設定になっている。

『仮面ライダーEVE』 編集

仮面ライダーEVE』では、かつて数々の悪の組織に立ち向かった歴代仮面ライダーの1人として登場。

純の体組織を調べるため、藤兵衛に呼ばれ来日した。窮地に陥った一文字と滝を救出したり、本郷を仮面ライダー1号の身体で目覚めさせるなど、見せ場が多い。「オクトパスアーム」や「オペレーションアーム」など、設定のみ存在していたカセットアーム(アタッチメント)も使用している。

平成仮面ライダーシリーズ 編集

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー
ショッカーグリードが誕生したことで歴史が変わり、誕生しないこととなってしまっていたが、終盤復活する。
仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX
地中海諸島G国でV3とともに財団Xと戦う。

HERO SAGA 編集

『MASKED RIDER DEN-O EDITION -1971年4月3日-』
岩石大首領を倒した直後の時間軸から1971年に呼び出され、岩石大首領(ネガタロス)に苦戦する電王やゼロノスに助太刀する。

脚注 編集

  1. 父を失い病弱な母と暮らしていた幼少時から、デストロンの援助を受けていたという設定もある。
  2. 資料によってはジャンプ力10m、常人の6倍のキック力と設定。
  3. 例として、同時期に活躍していたイナズマンの念力により強制テレポートさせられていた(PSソフト『スーパーヒーロー作戦・ダイダルの野望』)、タヒチに不時着し記憶喪失のまま現地で暮らしていた(『仮面ライダーSPIRITS』)など。
  4. ただし42話の予告においては、カマクビガメの首元を踏みつけヨロイ元帥と対峙するなど、V3と同等の強さを誇るような描写がみられた。
  5. 『新 仮面ライダーSPIRITS』第4巻発売時、第16話では修正されているが、2011年3月号では左腕にコントロールアームを装着し、右腕が素手状態で左腕を補助していた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki