FANDOM


仮面ライダーシリーズ > 真・仮面ライダー 序章

真・仮面ライダー 序章』(しん・かめんライダー プロローグ)は、1992年(平成4年)2月20日仮面ライダー誕生20周年の一作として東映ビデオより発売されたオリジナルビデオ(東映Vシネマ作品)。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

とある深夜で謎の異形の怪物が次々と人間を殺害していた。

父の研究を手伝っていた風祭真は「財団」により、自らも知らぬ間に改造兵士(サイボーグ・ソルジャー)レベル3にされてしまう。

そしてある日、真は鬼塚義一のレベル3への変身の影響を受け、感情の高まりと共に異様なバッタ怪人の姿へと変貌していく。

概要 編集

仮面ライダーシリーズ20周年記念作品。本来20周年にあたるのは前年の1991年であるが、当時のバンダイによると「昨年、ウルトラマンが25周年にあたり、重複を避けようということもあり、今年を20周年とし、営業を進めている」[1]とのこと。映像作品としての「仮面ライダー」は1989年9月に放送終了した『仮面ライダーBLACK RX』以来3年ぶりとなる。

本作の制作については、原作者である石ノ森章太郎が「真のライダーを描きたい」と語っており、ライバル作品である『ウルトラシリーズ』が1990年9月 - 1991年6月にビデオ作品として『ウルトラマンG』を制作した事もあり本作も「ウルトラマンシリーズ」に対抗する為にビデオ作品として制作される事となった。また両シリーズとも、当時はテレビシリーズとしての作品は休止中であった。

グロテスクや性的な描写が含まれるなど、これまで子供向けに製作されていたシリーズとは一線を画す「大人向け特撮作品」を目指し、ヒロインが最後に死亡する等、ストーリー展開も非常にハードなものとなっている。また、これ以前の仮面ライダーは主として「改造手術」によって誕生するなど、機械的・硬質的イメージが強かったが、本作ではバイオ技術でバッタの遺伝子を注入された「改造兵士」という設定である。変身の描写も「苦痛に耐えながら額から徐々に触覚が伸びてゆく」という、『仮面ライダーアマゾン』や『仮面ライダーBLACK』以上に異形の生物的なイメージを強調したものになっている。

変身の際の恒例だった「変身!」の掛け声はなく、「ヘルメットに大きな複眼」「変身ベルト」といったスーツ的な意匠は一切廃されている。戦闘スタイルにおいても、全身の突起で敵への攻撃を行い、ライダーキック等の必殺技も持たない。また、主人公である風祭真はバイクを常用しているものの、変身後のシンがバイクを駆るシーンも無く、ヒーローとしての専用マシンすら持たない初めての仮面ライダーとなった。このように、歴代仮面ライダーの特徴の大半を有しておらず、「ライダー」と言うよりもむしろ「怪人」に近い特徴や風貌であり、後に製作される『仮面ライダーアギト』に登場する仮面ライダーギルスアナザーアギトといったバイオ的な外見や特徴を持つライダーの先駆けになった。

「序章」というタイトルからも判るように、当初は前述の『ウルトラマンG』(全13話)を踏襲し何話かのシリーズ化を目指していた。しかし、続編が制作される事はなく、大人向けの仮面ライダーというコンセプトの映像作品は2005年公開の映画『仮面ライダー THE FIRST』まで途絶える事となる。1993年にライダー映画の公開が決まった際には続編企画も検討されたが、完全新作の製作となった為、最終的に『仮面ライダーZO』が製作されることになった。仮にシリーズ化が実現していれば、シンが仮面とスーツやバイクを手に入れて仮面ライダー(仮称・仮面ライダーガイア[2])となってゆく過程が、順を追って描かれるはずだった。この点の多くは石ノ森自身が書いたシノプシス『キミは仮面ライダーをみたか?』から構想を得ており、『仮面ライダーBLACK』における「主人公が怪人バッタ男から仮面ライダーへと変異していく」という点と非常に似通っている。

スタッフ 編集

プロデューサーの堀長文と吉川進、監督の辻理、特技監督の矢島信男、脚本家の宮下隼一とスタッフは『RX』と同じのほか、後に平成仮面ライダーシリーズの大半をプロデュースする白倉伸一郎が初めて携わったライダー作品である。また冒頭には石ノ森章太郎が出演している。

名称について 編集

真の変身後の形態は、オープニングクレジットではタイトルの通り「真・仮面ライダー」と記載されているものの、劇中で明確には仮面ライダーと呼称されておらず、それどころか変身後の姿を指す呼称も一切登場しない。ラストにCIAが彼に「MASKED RIDER」というコードネームを与えるのみである。

公式を始めとする多くの媒体で用いられている便宜上の名前は「仮面ライダーシン[3]である。しかしこの名称は、『スカイライダー』こと『仮面ライダー(新)』[4]と読みが同一となって混同を招く恐れがあるため、場合によっては「改造兵士」、「改造兵士レベル3」と記述されることもある。

登場人物 編集

主人公とその関係者 編集

風祭 真(かざまつり しん) / 仮面ライダーシン(改造兵士レベル3)
本作の主人公。城南大学出身のオートバイレーサー。25歳。IQ250。500ccロードレースの日本予選で初出場初優勝を果たし、世界グランプリを目指していた。頭脳明晰にしてスポーツ万能。ISSにいる父・大門に協力し、自ら人体実験の被験者となっていたが、密かに鬼塚によって改造手術を施され、人間とバッタの遺伝子を融合させた「改造兵士レベル3」となっていた。
父と最愛の女性を失った一連の事件の後、ライダーベビーの生き続ける愛の遺体を抱えたまま、姿を消す。行方不明後、CIAの記録には彼をコードネームで「MASKED RIDER(仮面ライダー)」と名付けた。
結城 卓也(ゆうき たくや)
スポーツクラブに勤務する青年。真のロードレーサーとしての先輩でもあり、彼の良き相談相手。かつては真とともにインターナショナルAクラス500CCロードレースで、世界グランプリを目指していた。奥手である真を励まし、愛との恋愛をまとめようとする優しい青年。
風祭 大門(かざまつり だいもん)
真の父親。臨床免疫工学の権威。氷室に騙され、「財団」のサイボーグソルジャー開発計画に加担してしまう事になる。計画において重要な人物であったため、真の子を身ごもった愛と共にニューヨークの本部に送り込まれる事になっていたが、真によって救出される。しかしその直後、財団のヘリコプターによって再度捕らわれてしまい、最後はセーラの放ったランチャーがヘリコプターに直撃し、ISS本部に落下した爆発に巻き込まれ、絶命する。
明日香 愛(あすか あい)
真の看護人。実は「財団」のメンバーで真の監視をしていたが次第に真に好意を寄せ始め、真と結ばれ彼の子供を身ごもった。しかし劇中で真を庇って氷室の銃弾を受ける。真に自らの身篭った真との間に出来た子供を託し、息を引き取った。
ライダーベビー(真と愛の子供)
愛の身篭った子供で、改造兵士となった真の遺伝子を受け継いだミュータントでもある。愛が命を落とした後もなお生き続け、真に歩むべき道を指し示した。
なお、ライダーベビーという名称は雑誌上などにおける名称である。変身した真と同じに第三の眼を表している。

財団 編集

氷室 巌(ひむろ いわお)
ISSの所長。一見温和な紳士だが、その本性は冷酷無比である。「財団」の命令で大門を騙し、彼にサイボーグソルジャーの研究に加担させた。しかし、CIAの介入による数々の失敗により自分の身も破滅し、自暴自棄になって愛を射殺。最後は怒りを爆発させたシンのハイバイブネイルとスパインカッターの猛攻撃を受けて死亡した。
豪島(ごうしま) / 改造兵士レベル2
氷室の腹心。財団に敵対する者の暗殺を務める。普段は人間と違わぬ姿に装っているが、戦いの時は人工皮膚の下に隠された不気味な金属製のボディを露わにする。最後は、シンのハイバイブネイルで首を脊髄ごと抜き取られるが顔に時限爆弾があり、シンとともに爆発しようと図ったが、失敗し、自分の爆弾と共に爆発する。
3D映画『仮面ライダーワールド』では、シャドームーンの力で復活した怪人の一体として登場している。『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』ではショッカーの怪人連合として登場。
鬼塚 義一(おにづか ぎいち) / 改造兵士レベル3
改造兵士の研究に携わる科学者。オカルト関係において狂信的な人物で、理想国家の建国という幻想にとり付かれ密かに自らの身体と真の身体を無断で改造兵士レベル3に改造する。氷室からは飛蝗の能力に着目する等その行動力と手腕は高く評価される。
変身した姿は真のそれとほとんど同じだが、決定的な差異として真が額に持っている第三の眼を有していない。そのため変身後は理性を保てず、殺戮を行ってしまうこととなる。氷室に捕らわれサンプルとして護送される中、最後はCIAの爆撃によりその身を焼かれ、絶命。

CIA 編集

セーラ・深町(- ふかまち)
CIAの工作員。財団への調査を進める中で真と出会う。任務には忠実で、鬼塚を輸送するトラックへの攻撃他の非合法活動においては現場で部隊を指揮するところからその有能さが窺い知れる。しかし自分の目前で異形の姿に変身するなど明らかに財団の秘密と関わりが深い真への対処では、危機から救われる事もあってか非情になりきれない面も見せる。

財団 編集

政財界や軍事産業などあらゆる分野で世界規模の影響力を持つ謎の組織。全世界の政治、経済、思想、文化などを全て統一し、人間の誕生から死までに関する、あらゆる経済活動を自分達の影響下に置くことが目的である。ニューヨークに本部を持つ。下部組織であるISSを最終的には失っているが、財団自体はまだ存続し続けている。

日本支部・ISS 編集

財団傘下の生物学研究所。エイズ等といった難病の遺伝子レベルでの治療を研究していた。しかし、この研究が「究極の兵士」の誕生に繋がると見込んだ財団により、軍事利用のために改造兵士開発に乗り出した。最終的には、CIAの特殊部隊の襲撃によって壊滅した。

改造兵士(サイボーグ・ソルジャー) 編集

改造兵士(サイボーグ・ソルジャー)とは、財団が各国へ超強力な軍事力として販売することを目的に造り出された改造人間の総称である。生体兵器としての意味合いが強い。改造のレベルは3段階に分けられる。

レベル1
人体の遺伝子情報から不治、またはそれに近い難病を発症させる可能性のある因子を排除しつつ、人体そのものを強化させる。
レベル2
“レベル1”の改造により強化された人体に機械等の各種サポートユニットを埋め込み、人体の機能を必要な状況に応じて強化させる。最大出力や防御力では後述の“レベル3”を上回る性能を発揮するが、人間形態(人間の姿)=改造前の姿には基本的に戻ることができず、人工皮膚で人間の姿に擬装する必要がある。この点で変身能力は、姿形が人間と何ら変わらない“レベル1”、自在に人間形態と戦闘形態に変身できる“レベル3”には到底及ばないことが容易に推測できる。また、機械的な改造であるために生物が持つ自己進化能力(パワーアップ)は失っており、戦闘経験を積むことで根本的な能力が上昇することはなく、能力を強化するためには再改造が必要である。人間を素体としているにもかかわらず、“レベル2・豪島”はいささかロボットのように無機質な動きをするシーンが多々見られた。兵器としては申し分ない性能を誇るため、財団はこの段階の改造兵士を商品として量産する予定であったが、“レベル3”の発揮する潜在能力や自己進化能力、擬似能力による潜伏力に着目して次の段階の開発を進めることを決定する。
レベル3
別種の遺伝子情報を人体に埋め込んだり、人体そのものの遺伝子情報を変化させたりして、人体を根源的なレベルから強化させる。“レベル2”は機械による人体強化で元来のサイボーグに対し、“レベル3”は生物的な人体強化でバイオサイボーグに分類される。変身能力については改造兵士の中でも群を抜いていると推測される。自己進化能力にも目を見張るものがあり、初期段階で“レベル2”の出力や防御力に劣っていたとしても、戦闘経験を積むことで能力を底上げして圧倒することが可能である。財団では、この段階の改造兵士を局地戦用・ゲリラコマンドとして量産化する予定であったらしい。
レベル4
例外的な強化段階。この段階は改造によるものではなく、“レベル3”の能力の進化によるものであるとされる。劇中では、シンが唯一この段階の初期状態に達しているが、相手が格下であったため能力をそこまで上昇させる必要がなく、進化の明確な描写はされていない。

仮面ライダーシン(MASKED RIDER SHIN) 編集

仮面ライダーシン(MASKED RIDER[5]は、バッタの遺伝子を身体に組み込まれた主人公・風祭真が変身する、“局地戦用ゲリラコマンド・改造兵士(サイボーグ・ソルジャー)レベル3”の特異体である。

バッタの持つ「テレパシー能力」により、呼応反応と呼ばれる「同族の記憶・感情・意識に反応する共通の擬似体験」で統制を取る能力を持つ[6]

感情の高ぶり(主に怒りの感情)のよって細胞活動が活性化されると、バッタ遺伝子内の“X-α素子”が干渉を受けて細胞活性分泌物“バッテリゲン”が体内に放出され、その効果で真は体内変身(インナーチェンジ)を起こして細胞の急激な変異を発生し、改造兵士レベル3=仮面ライダーシンの姿へと変身を遂げる[7]

変身後は強靭な肉体そのものが武器となっており、湾曲した爪ハイバイブ・ネイル、腕や脚に生え揃う鋸状の器官スパイン・カッター、口腔内に無数に並ぶ鋭利な牙ブレイク・トゥーサーなどを駆使して有利に戦闘を運ぶ。また、ある程度の相手は接触せずとも粉砕・破壊できる超能力超強力念力を有する。同等の改造段階の改造兵士レベル3である鬼塚との最大の相違点は、額に「第3の眼[8]」と呼称されるコントロール器官が存在することで、この器官の働きにより変身後も真自身の自我・理性を保つことができている。

腕力や脚力は極めて強力であり、バッタの特性を存分に活かしたものとなっている。改造兵士レベル2・豪島をその腕力で吹き飛ばし、驚異的な跳躍力・俊敏性で翻弄、全身の武器を駆使して猛攻、最終的には腕力を最大発揮して豪島の首を脊髄ごと引き抜いた。ただし、バッタ最大の武器である脚力を活かした蹴撃は数回しか行わず、決め技でのキックは本編では見られなかった[9]

全身がセラミックの5倍の強度を持つ甲殻細胞に覆われており、皮膚は攻撃に対する衝撃の75.0%を吸収、打撃・斬撃にかかわらず肉体本来の25.0%以上のダメージを与えることは理論上不可能である。傷を負っても通常の人間の約50倍の細胞増殖にて急速再生・回復するため、腕程度なら0.03秒で再生、全身の87.0%以下を奪われることがない限りほぼ際限なく0.1秒以内に全快する[10]。また、30分程度ならば無呼吸で水中活動も可能である。唯一最大の弱点は高熱であり、シンは生物であるため700-800度の火炎には約5分間しか耐えることができない[11]。低温については、零下10度までなら100%の能力を発揮できる。

相手からの感情波や余剰エネルギーなど、あらゆるエネルギーを吸収することにより理論かつ永久的に能力が上昇する。ただし、厳密には65535倍[12]までが限界である。この状態では、太陽とほぼ同じ総エネルギーを持つこととなる。本編では、上述の“レベル4”と呼称される段階に達しているが初期段階であり、相手が“レベル2”の格下の上かなり弱かったこともあり、38倍程度の進化であった。

なお、変身前でもある程度の身体能力を発揮することが可能で、高速での走行、約10mの跳躍、素手で鋼鉄のシャッターを紙のように破くなどしていた。

シンの身体スペック[13]
  • 変身時の身長は199.9cm
  • 変身時の体重は90.0kg
  • 跳躍力は垂直跳び114m、幅跳び232m
  • 打撃力は最大2800kg
  • 蹴撃力は最大4200kg
  • 走力は100mを3.34秒で走破する
パンチ(真ライダーパンチ)
いわゆるシン版ライダーパンチ。最硬度強化ガラスを一撃で粉砕する。本編ではキックよりも、むしろこの技の方が多用され、活躍していた。氷室に致命傷を負わせ、その後のレベル2・豪島との戦闘の際にはボディに大ダメージを与えた。
キック(真ライダーキック)
いわゆるシン版・ライダーキック。一撃で鉄柱を数本へし折る。本編では決め技としては一度も使用されなかったものの、歴代のライダーがそうであったようにその威力は最強と思われる。
チョップ(真ライダーチョップ)
いわゆるシン版・ライダーチョップ。明確に使用したシーンはないが、下記のスパイン・カッターと併用し、相手を一刀両断する。
ジャンプ(真ライダージャンプ)
いわゆるシン版・ライダージャンプ。バッタの特性を最大限に活かし、相手を激しく翻弄する。主に襲撃に使用。
ハイバイブ・ネイル
湾曲した爪。超高速で振動し、敵を切り裂き、肉体を貫く。
スパイン・カッター
前腕や脚に生える鋸・棘状の器官。金属を易々と切り裂く。上記のチョップ技と併用し、効果を発揮する。折れてもすぐに生え変わり、機能を回復する。
ブレイク・トゥーサー
歴代ライダーでいう、いわゆる「クラッシャー」。割れた下顎を開いた状態で敵に噛み付く。鉄骨をも噛み砕く。口腔部分が開口し、それが露出する模写はまさにバッタである。
腕力
驚異的な力を発揮する。豪島の骨髄を引きずり出した。
脚力
驚異的な力を発揮する。劇中での模写は少ないが、腕力以上に強力。
テレパシー
呼応反応に使用。ただし、鬼塚からの一方的なものであった。
超強力念力(劇中未使用)
相手を念力で粉砕する。

ゲスト出演 編集

劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー
終盤で、大ショッカーに苦戦するディケイドを助けるため他のライダーと共に登場。映画初出演となりこの作品以降、本作と比べるとややソフトな顔つきになっている。大ショッカーとの戦いではシオマネキングと戦った他、ジオフィリドワームとモールイマジン(ブラック)を素手で吹き飛ばした。また、本編では使用することがなかった高く飛び上がってのライダーキックも本作で披露した。DC版ではより戦闘シーンが追加されている。
『平成から昭和まで! 仮面ライダー大集合』(2009年8月8日放送)
劇場版1作目のプロモーション特番。『ディケイド』メインの番組ながら、シンが全編にわたって写真・映像を交えながらトークのネタにされた。苦しみながら変身するシーンを杉村潤が物真似したり、「映画で全ライダーが並ぶ中、一人だけ怪人がいる」(ディケイド=門矢士役・井上正大)、「家にいたら叩くやつ」、「実は(大ショッカーに)入っている」、(『劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』の霧島美穂=仮面ライダーファム役・加藤夏希)、加藤の発言を真に受けた土田晃之には『ゴキブリがモチーフなの?』と驚かれる」、などと揶揄されていた[14]
『オールライダー超スピンオフ』「陳情!真・仮面ライダー第一章」
『真・仮面ライダー 序章』ということは『本編』が始まるはず。「このビデオの続きは無いのか?」と尋ねる光夏海(『ディケイド』のヒロイン)に対し、「続きが作られることなく終わった未完の大作」として本作を紹介。そこへシンが自ら執筆した続編の企画書を持って現れ、士や夏海と共に東映本社へ乗り込み、映像化を実現させ子供達のヒーローになるが、夢オチという結末だった。初めて劇中において「仮面ライダーシン」と呼称された。
『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』
磔にされたオーズ(ついでにアンク)、NEW電王、ダブルライダーを助ける為ショッカーの怪人連合を倒すべく人々の思いを受けて他のライダーと共に登場。本作に登場した改造兵士レベル2と戦った。人々から初めて(公式の映像として)「シン」と呼ばれた他、全員でバイクに乗るシーンでは確認しづらいものの初めて(仮面ライダーとして)バイクに搭乗している。

キャスト 編集

スーツアクター 編集

スタッフ 編集

主題歌 編集

「Forever」
作詞:阿木燿子 / 作曲:宇崎竜童 / 編曲:湯川徹 / 歌:渡辺典子
  • 作品が非常にハードな内容になったため、エンディングテーマをインストゥルメンタルにするという案もあったが、最終的に「やさしく包み込むような歌声で締めくくりたい」ということで歌を入れることになった。楽曲制作に当たっては歌手の選考を最初に行い、歌唱法も詞の内容も感情を優先する形で作られている。

映像ソフト化 編集

  • ビデオ(VHS、セル・レンタル共通)とLD(セルのみ)がリリースされている。
  • DVDは2008年4月25日に発売。

漫画化 編集

その他 編集

  • 風祭真を演じた石川真(当時・石川巧久)は、後に『ウルトラマンメビウス』でハンターナイトツルギ/ウルトラマンヒカリことセリザワカズヤ元隊長を演じている。高野八誠高槻純内山眞人と並んで、「仮面ライダー」と「ウルトラマン」の日本の2大特撮ヒーロー(の変身前の人物)を演じた役者となったが、先の3者が「ウルトラマン→仮面ライダー」の流れを辿ったのに対し、石川は仮面ライダーの後にウルトラマンを演じた初めてのケースとなっている。

脚注 編集

  1. 朝日新聞1992年2月20日朝刊
  2. 後に小説「仮面ライダーEVE」にて名称が流用される。
  3. 仮面ライダー・シン」と表記される場合や、タイトルにならって漢字で「仮面ライダー」と表記する場合も少なからず存在する。
  4. スカイライダーの正式タイトルは、初代と同じ『仮面ライダー』であり、書籍や放送当時の番組表では『(新)』を付けることで区別されている。
  5. 劇中の表記より。
  6. 物語序盤、真は自覚がないままこの能力によって鬼塚と精神レベルでリンクし、鬼塚の凶行を自分のことのように感じ取り、自分が無意識の内に凶行に走っているのではないかと苦悩していた。
  7. その変身の過程は、筋肉が激しく膨張、眼球が赤黒く変色、手脚に棘が露出、触覚が皮膚を引き裂いて突出、下顎が左右に分裂するという、苦痛に耐えながら徐々に異形の怪物へと変化して行くものであり、歴代ライダーでも他に類を見ないほど極めてグロテスク・ショッキングである。
  8. 1号、2号のOシグナルに相当する。
  9. ただし、実際は強力なキックを決め技とすることは可能であるため、披露する機会がなかっただけと思われる。
  10. 実際、劇中で豪島の斬撃により右肩に裂傷を負ったが、瞬時に傷口がふさがり回復している。
  11. 劇中、改造兵士レベル3・鬼塚がロケットランチャーの攻撃により全身を焼かれ、絶命している。
  12. 16進数4桁の最大値FFFF
  13. あくまで初期段階での能力値であり、理論上は無限に能力(スペック)が上昇する。
  14. 「平成VS昭和の対決」コンセプトの番組で、井上と加藤が平成チームとしての出演だったための演出。
  15. テンプレート:Cite book

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki