FANDOM


番長惑星』(ばんちょうわくせい)は、週刊少年チャンピオンに連載された石森章太郎の漫画作品。

概要 編集

週刊少年チャンピオン1975年2号から1976年5・6号まで連載された作品。

リュウ三部作の最終作(第3作)であり、『リュウの道』では未来、『原始少年リュウ』では過去、そして本作では現代を舞台としている。

登場人物 編集

等々力竜
通称「リュウ」。パラレルワールドの入り口に落ちた事で「舞台となる世界」に落ちてしまう。
パラレルワールドを移動した際、2つの世界(「元の世界」と「もうひとつの地球」)のリュウが融合し、常人以上の力を持つようになる。
カタメ
本作のヒロインの1人。奇怪な生物に追われていたマタギの少年。
左巻ツトム
通称「ハカセ」。リュウのグループの頭脳であり、2つの世界の違いを説明する役割を担っている。
五井四狼
通称「ツギハギ」。五井財閥の御曹子。妹のミヤコにリュウへの復讐を依頼される。
伴太郎
通称「バクダン」。父親を殺したロボット警官を破壊した事で、警官たちから追われる身となっている。
富田哲朗
通称「逃げ足」。
秋津久美
通称「ポルノ」。本作のヒロインの1人。マヤ一族の末裔。
マリッペ
本作のヒロインの1人。リュウの幼馴染。
シャドウ
2つの世界の支配者[1]。かつて別の惑星で罪を犯し、流刑にされた者たちの子孫。2つの世界の間に存在する「ネガの世界」に本拠地を置き、2つの世界の世界に干渉・管理していた。

用語 編集

殺人許可証
それさえあれば殺人が認可される許可証。

編集

  1. 「元の世界」にどれほどの干渉はしていたかは明かされていないが、マヤ一族の消滅(と出現)を行ったり、等々力竜の両親を「もうひとうの地球」の移動させたりと、干渉を行う力があることは作中で明かされている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki