FANDOM


水城霧子(みずき きりこ)は、『仮面ライダーX』の登場人物。

概要 編集

水城涼子の双子の妹。幼少期に両親が離婚してしまい、姉とはお互い放れ離れで暮らしていたが、連絡だけは取り合っていた。

当初、涼子から彼女の存在が知らされていなかっために敬介を困惑させたが、後に双子であることを敬介に明かす。亡くなる直前、「姉は今でもあなたのフィアンセである。だから、信じてほしい!」と敬介に対して、必死で話していた。

GODに潜入した姉に代わって、敬介を影からサポートする。敬介が姉の事で苦悩するが、彼に「個人の感情は捨てて皆のXライダーになれ」と言う。第8話で敬介を庇って戦闘工作員の放った矢に当たり、絶命する。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki