FANDOM


東映まんがまつり(とうえいまんがまつり)は、東映が1969年(昭和44年)から子供向け映画を数本まとめて春休み、夏休み、冬休みの時期にあわせて劇場公開したときのタイトル。

概要 編集

1963年(昭和38年)12月に『わんわん忠臣蔵』の併映(東京地区のみ)として、TVアニメ『狼少年ケン』を上映、さらに1964年(昭和39年)3月から6月にかけて、再映版長編アニメや一般映画の併映として『狼少年ケン』を上映したところ、いずれも好評だったことから、1964年(昭和39年)7月に「まんが大行進」として子供向けTVアニメを数本まとめて上映。その後、1967年(昭和42年)3月興行で初めて「東映まんがまつり」の名を初使用。その後、「東映こどもまつり」、「東映まんがパレード」、「東映ちびっ子まつり」と名称変更し、1969年(昭和44年)3月以降は再び「東映まんがまつり」となった。予告・CMなどで流れる「東映~ まんがまつり~」という子供のかけ声が強い印象を残した。

1979年には『宇宙戦艦ヤマト』の劇場版2本(『宇宙戦艦ヤマト(1977年公開版)』、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』)と1972年に放映された『海のトリトン』を前半の部分を編集した『海のトリトン 劇場版 前編』の計3本を上映したアニメファン向きの東映まんがまつり「宇宙戦艦ヤマト・フェスティバル」を開催している。

1990年(平成2年)に実写作品がなくなり、「まんが」と言う呼称も古くなったため、興行名を「東映アニメまつり」に変更した。さらに同年7月からは「東映アニメフェア」となり、2002年(平成14年)まで継続した。実写特撮作品は、「東映スーパーヒーローフェア」として1993年(平成5年) - 1995年(平成7年)に劇場公開された。2009年(平成21年)10月3日には、新作1本+旧作3本の立体映画を集めた「とびだす!3D東映アニメまつり[1]が公開(東映まんがまつりとは異なり、前売り券の販売は行われなかった)。

1980年代初期までは、メインとなる1~3本程度の劇場版オリジナル作品に、テレビシリーズの放送済みの1エピソードを数本加えた編成をとっており、『マグマ大使』『スペクトルマン(宇宙猿人ゴリ)』『キャプテン翼』など東映以外の製作会社の作品を入れることもあった。『テレビマガジン』などの子供向け雑誌では、記事や割引き特典などでタイアップを行われた。同業の東宝ではゴジラ映画をメインに据えた「東宝チャンピオンまつり」を展開。

放送 =編集

東映チャンネルでは、1970年(昭和45年)夏の公開枠と1974年(昭和49年)春の公開枠と1975年(昭和50年)春の公開枠が、「完全復刻!東映まんがまつり」のタイトルで公開当時と同じ内容で放送された。「スーパーヒーローMAX」では、ファミリー劇場やテレ朝チャンネルと共に、編成・放送されている。

映像ソフト 編集

初上映後から今日に至るまで、「まんがまつり」という興行形式を再現した複数作品収録ソフトの要望はあったが、権利関係の調整などクリアしなければいけない諸問題[2]が多く、全ての興行ソフト化は今のところ実現していない。[3][4]一部の個別作品(主に名作系コンテンツ)はDVD化されている。

復刻! 東映まんがまつり 編集

2011年平成23年)、東映60周年を記念し、初めて「興行をまとめた形式」のDVD『復刻! 東映まんがまつり』の第1期分が発売された。

  • 1973年夏公開分 - 2011年(平成23年。以下同様)10月21日発売
  • 1974年夏公開分 - 2011年 10月21日発売
  • 1975年春公開分 - 2011年 11月21日発売
  • 1976年春公開分 - 2011年 11月21日発売

このうち、『フィンガー5の大冒険』と『アンデルセン童話 にんぎょ姫』は初DVD化である。

2012年には『復刻! 東映まんがまつり』第2期が下記の通り順次発売されている[5]

  • 1968年夏公開分 - 2012年(平成24年。以下同様)7月21日発売

本来は「東映まんがパレード」名称での興行だが注釈を付け「復刻!東映まんがまつり」のラインナップとしてリリース。

  • 1969年春公開分 - 2012年 8月10日発売
  • 1970年夏公開分 - 2012年 9月21日発売
  • 1984年夏公開分 - 2012年 11月21日発売
  • 1985年春公開分 - 2012年 12月7日発売

初DVD化は『ひとりぼっち』と『かぼちゃワイン 二夕の愛情物語』、劇場アニメ版『Gu-Guガンモ』(ほか、ブローアップ版としては初DVD化される作品が数点あり)。

関連イベント
2012年9月に開催される第5回したまちコメディ映画祭in台東の前夜祭オールナイト・イベントとして、東映まんがまつりと東宝チャンピオンまつりの1970年夏公開分の対決が行われた。

関連項目 編集

脚注 編集

  1. とびだす3D東映アニメまつり(2009.10.3ロードショー、東映アニメーション)
  2. 中には『キャンディ♥キャンディ』などの様に作者同士が著作権を巡り法廷で相当な激しい係争を繰り広げた事例もあった。
  3. なお、「とびだす!3D東映アニメまつり」については、「CG東映アニメまつり」のタイトルで2010年(平成22年)2月21日に発売されている。
  4. 東映制作の特撮作品は「東映特撮ヒーロー THE MOVIE BOX(2007年(平成19年)12月7日発売、単品の全6巻は2009年(平成21年)10月21日11月21日発売)」に後述の「東映スーパーヒーローフェア」の作品とともにDVD化されている。なお、すでに商品化されていた仮面ライダーシリーズスーパー戦隊シリーズの劇場版と『劇場版 スパイダーマン』は収録されていない。ただし、ライダーシリーズや戦隊シリーズの劇場版のDVDには、シリーズ以外の作品も含めた当時の予告映像のみが収録されている。
  5. 東映ビデオ株式会社 公式サイト - DVD「復刻! 東映まんがまつり」特集を参照。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki