FANDOM


テンプレート:基礎情報 テレビ番組星の子チョビン』 (ほしのこチョビン)は、1974年4月5日 - 1974年9月27日にTBS系で毎週金曜日19時30分 - 20時に放送されたTVアニメーション作品である。全26話。

概要 編集

石森章太郎(のちに石ノ森章太郎に改名)原作。スタジオ・ゼロが制作した最後のTVアニメ・シリーズである。放送と同時に講談社の『週刊少女フレンド』にて漫画も連載された。渡辺プロダクションがアニメ製作に初めて関わった作品でもある。同プロ所属の藍美代子が主題歌を歌い、天地真理ナレーションを担当している。

あらすじ 編集

悪党ブルンガによって妖精の星フェアリー・スターが乗っ取られ、その星の王子チョビンは母親と共に脱出する。避難途中に母と生き別れとなったチョビンだが、地球のトンカラ森にたどりつき、少女ルリの家に住むことになる。小さな体のチョビンは森の動物たちと共に、母親を見つけだし、父から託された「星のしずく」をフェアリー・スターに持ち帰り、故郷の平和を取り戻そうと、懸命にブルンガの放つ刺客に立ち向かっていく。

放送 編集

  • この枠でアニメが放送されたのは、海外作品『科学少年J.Q』以来9年振りで、国産では最初である。
  • スポンサーの関係で日本テレビ系の番組を同時スポンサードネットしていた一部系列局は、夕方枠での時差スポンサードネット(TBSからの裏送り)だった。

制作スタッフ・出演者ほか 編集

主要スタッフ 編集

キャラクターと声の出演 編集

チョビンとその家族 編集

フェアリー・スターの王子。ブルンガによって故郷を追われて地球に逃亡し、天川家に居候する事となる。鞠の様な体だが実は繭で、脱皮して大人となる。左腕には「星のしずく」というアイテムが有る。
チョビンの母で、フェアリー・スターの王妃。逃亡中に行方不明となる。

天川家 編集

チョビンと仲良くなる、地球の少女。
ルリの祖父。元は天文学者だったが、今は隠居生活をしている。

トンカラ森の仲間達 編集

森のボス格であるクマ。食いしん坊で乱暴だったが、チョビンと出会ってからは優しくなる。
メスのモンシロチョウ。森の仲間の中では、一番チョビンと仲がいい。情報収集が多い。
クマンどんの子分であるウサギ
同じくクマンどんの子分である、赤い親ガエル
アカベエの息子の子ガエル。アカベエの口の中に住む。
いつも木の枝に止まっているが、衝撃やチョビンの泣き声(物凄い強烈な音)などで枝から落ちて、「地震かなァ。」という(毎回そのシーンしか無い)。
後期から登場するメスのサギ。気取り屋でいつも上品ぶっている。

ブルンガ一味 編集

一味の首領にして、宇宙一の大悪党。フェアリー・スターを滅ぼし、チョビンを追って地球に来訪した。そしてトンカラ森の山奥に基地を構え、チョビンの「星のしずく」を奪うべく、様々な悪事を企む。性格は冷酷かつ残忍。
ブルンガの部下で、主に情報収集や陣頭指揮を担当する。目にコウモリの羽が生えているのが特徴で、目からはビームを出す。役に立たないと、ブルンガの右腕で握り潰される(ある回では何体も握り潰されている事から、相当居ると思われる)。

その他 編集

  • ナレーション : 天地真理
毎回タイトルクレジット部分で顔写真のみで登場し、優しい言葉で視聴者を本編へと導入する。なお最終回では、チョビンとエクレアが地球を離れる時、「さぁ、『星の子チョビン』の話はこれでおしまいよ…(略)」と、最初で最後の本編内のナレーションをしている。恐らく天地のスケジュールの関係上、あまりナレーションが出来なかったと思われる。

主題曲 編集

  • 『星の子チョビン』(オープニング)
  • 『星のしずくの子守唄』(エンディング)
  • (いずれも作詞 : 石森章太郎、作曲 : 平尾昌晃、歌 : 藍美代子)

資料 編集

  • DVD POBE-1024 『星の子チョビン 〜ぼくは王子だぞ!!〜』
  • DVD POBE-1025 『星の子チョビン 〜さよならトンカラ森〜』

テンプレート:前後番組 テンプレート:天地真理テンプレート:Anime-stub

fa:چوبین it:Chobin, il principe stellare zh:星星王子

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki