FANDOM


戦え! 仮面ライダーV3」(たたかえ! かめんライダーブイスリー)は、宮内洋水木一郎ほかによるシングル・レコード。1973年3月25日に日本コロムビアから発売された。オリジナル盤の型番はSCS-192

1978年12月にオリジナル盤と同内容(ジャケットデザインは異なる)で再発された。再発盤の型番はSCS-454

概要 編集

表題曲「戦え! 仮面ライダーV3」は、テレビドラマ(特撮番組)『仮面ライダーV3』のオープニングテーマとして使用された。カップリングには、水木一郎[1]が歌う同作前期エンディングテーマ「少年仮面ライダー隊の歌」が収録されている。

番組テロップでは「斗え! 仮面ライダーV3」。120万枚の大ヒットを記録、日本コロムビアのゴールデンディスク大賞を受賞した。

主題歌歌唱候補は、日本コロムビア側から子門真人水木一郎、東映からは主役宮内洋の名が挙がり、最終的には宮内の歌唱に決まった。

上記の3人が歌ったヴァージョンの音源はそれぞれ発売されており、そのうち水木版・宮内テスト版(バックコーラス無し)は後続の仮面ライダーシリーズ本編でも使用されている。

収録曲 編集

(全作曲・編曲:菊池俊輔)

  1. 戦え! 仮面ライダーV3
    歌:宮内洋、ザ・スウィンガーズ
    作詞:石森章太郎
  2. 少年仮面ライダー隊の歌
    歌:水木一郎コロムビアゆりかご会
    作詞:八手三郎
    • 特撮番組『仮面ライダーV3』エンディングテーマ1。

別テイク 編集

オープニングテーマは正規版のほか、日本コロムビアによって以下の各バージョンが番組開始当時に録音されていた。

テスト用テイク
  • 宮内洋 ソロ歌唱版
  • 子門真人 ソロ歌唱版[2]
  • 水木一郎 ソロ歌唱版[1]
NG版(一部の歌詞が異なる)
  • 宮内洋、ザ・スウィンガーズ

正規版を除く各バージョンは、番組放送当時は発売されなかったが、後年発売のCDに収録された。なお、水木版は『五人ライダー対キングダーク』、歌詞違い版は『仮面ライダーストロンガー』の挿入歌として使用された。

カバー 編集

百歌声爛 -男性声優編-
森田成一による「戦え! 仮面ライダーV3」のカバーと、佐々木望による「戦え! 仮面ライダーV3」のカバーがそれぞれ収録。
「戦え! 仮面ライダーV3」
子門真人の歌唱により、ビクターレコードの混載盤LP(変身ブーム期に数種発売)に収録。日本コロムビアのテスト用テイクとは別音源である。
「アニメタル・マラソンII 特撮編」
アニメタルによる「戦え! 仮面ライダーV3」のカバーを収録。
KAMEN RIDER V3
仮面ライダーGIRLSによるアレンジカバー。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 水木一郎は、前作『仮面ライダー』のイメージソング「仮面ライダーのクリスマス」を歌っていたが、エンディングテーマとしては「少年仮面ライダー隊の歌」がシリーズ初、オープニングテーマとしては、次作『仮面ライダーX』の「セタップ! 仮面ライダーX」がシリーズ初である。
  2. 子門真人は、前作『仮面ライダー』のオープニングテーマ「レッツゴー!! ライダーキック」を藤浩一名義、同「ライダーアクション」を子門真人名義で歌っていた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki