FANDOM


みやうち ひろし
宮内 洋
Hiroshi Miyauchi.gif
本名 同じ
生年月日 1947年6月14日(70歳)
出生地 東京都
国籍 日本
民族 日本人
身長 179cm
血液型 B型
職業 俳優・歌手
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1969年 -
活動内容 1968年:東映ニューフェイス
1970年:『キイハンター』
1973年:『仮面ライダーV3
1975年:『秘密戦隊ゴレンジャー
1977年:『快傑ズバット
主な作品
映画
『麻薬売春Gメン』『女必殺拳』
『姿三四郎』『惑星大戦争』
仮面ライダー THE FIRST
テレビドラマ
『キイハンター』『仮面ライダーV3
『助け人走る』『刑事くん』
秘密戦隊ゴレンジャー
快傑ズバット』『ジャッカー電撃隊
暴れん坊将軍』『Gメン'75』
特警ウインスペクター
特救指令ソルブレイン
超力戦隊オーレンジャー

宮内 洋(みやうち ひろし、1947年6月14日[1] - )は、日本の俳優・歌手。本名同じ。東京都出身[1]、千葉県銚子市育ち。丹波プロダクションを経て、東映俳優センター所属。

身長179cm[2]、体重71kg[2]宮内の著書『ヒーロー神髄』ではデビュー時の体重を69kgとしている[3]。、血液型B型[2]。日本大学商学部経営学科卒業。

略歴 編集

父が満州国奉天市で南満州鉄道勤務していた家庭の次男として出生(三人兄弟)後、千葉県銚子市で育つ。

学生時代より丹波哲郎に師事。当時は中学、高校を卒業後すぐに丹波に弟子入りしようとしたが、その度に「役者になるのは少々遅くても大丈夫だから進学しなさい」と丹波に諭されたという。大学進学時には演劇方面に強い日本大学藝術学部か早稲田大学文学部演劇専修に進んだほうがいいか相談したところ、「もし役者として成功しなくてもつぶしがきくように、まったく違う分野を選びなさい」との助言で日大商学部に進学した。なお、在学中にも丹波家には度々出入りしていた[4]

大学を卒業した1968年ニューフェイス第12期生となる(同期に片山由美子、小林千枝、ひろみどりら)。翌年、テレビドラマ『ああ忠臣蔵』、映画『やくざ刑罰史 私刑!』でデビュー。1970年1月3日にゲスト出演したテレビドラマ『キイハンター』での熱演が認められ、同年4月4日放送分より準レギュラーに抜擢されたのが転機となり、1971年頃までは近代映画などのグラビアでは千葉真一と同様に、度々登場する程の人気を博した。

『キイハンター』での好演が認められ、同番組放送中の1973年に『仮面ライダーV3』の主役に抜擢、番組終了の翌月からは人気シリーズ必殺シリーズの『助け人走る』にレギュラー出演、翌年の『秘密戦隊ゴレンジャー』以降は『快傑ズバット』『ジャッカー電撃隊』とヒーローものに立て続けに出演。その翌月からは『暴れん坊将軍『Gメン'75 』と人気シリーズにもレギュラー出演し、1969年から1981年まで毎週途切れることなく何らかの番組にレギュラー出演した。

2006年11月26日、WOWOWにて放送のTVドラマ『バミューダ・トライアングル』(製作総指揮:ブライアン・シンガー、ディーン・デブリン、出演:エリック・ストルツ、サム・ニールなど)の公式サイト内で、日本の超常現象を追うドキュメンタリー番組『宮内洋探検隊の超常現象シリーズ』が配信されることになり、話題を集めた。同シリーズのページは2006年12月に公式サイトへと移行している。

2011年4月公開の『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』で仮面ライダーV3を担当することが発表された。映像作品でV3を演じるのは特番のZX以来27年ぶりとなった。

人物 編集

  • かつては時代劇や刑事ドラマなどに悪役として出演することも多かったが、子供に夢を与えるヒーローを多くの作品で演じたことを誇りに思っており、今でも「子供達の夢を壊してはならない」と引き締まった肉体を維持するなど、己を厳しく律している。
  • ファンサービスにも熱心であり、『快傑ズバット』LD最終巻には初回プレスすべてにサインを記し、総集編『快傑ズバット メモリアル』では初回特典のトレーディングカードに1枚1枚直筆サインをしている[5]
  • 「特撮ヒーロー番組とは子供達に正義の心を教える教育番組に外ならない」とのポリシーを示しており[6][7]、「愛と、勇気と、正義と、希望。そういったものを与えるのがヒーローであります[8]」と、今もなお一貫してヒーローの美学を説き続けている。
  • 危険なスタントも行っており、仮面ライダーシリーズにゲスト出演する際には(『仮面ライダーストロンガー』第35話など)、バイクに乗ったまま「変身ポーズ」をしている。また、地方ロケで藤岡弘のように、高度があるロープウェーで命綱なしにステップにつかまる(手以外が宙に浮いている状態)などもこなしている(特に『V3』ではスタッフに何度も頼んで変身後のアクションシーンを変身前に変更してもらったと述懐している[9])。
  • 特技・趣味は、空手三段・柔道初段・乗馬・スクーバダイビング他、調理師免許を持っている[1]

エピソード 編集

  • 喫煙者であるが、ロケの見学に来ている子供達を気遣いヒーローのイメージを壊さないよう撮影の合間でも絶対に喫煙はしなかった。仮に喫煙をするときは、バスの窓から子供たちに見えないように隠れるようにして座って吸っていたそうである。
  • 『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』では、主人公麻宮サキこと早乙女志織(演じるは南野陽子)の亡父・早乙女七郎の役をこなし、主人公に「清き心で悪を倒す」ことを遺言して、正義の継承を行っている。
  • 近年、『ミラーマン』関係のインタビュー企画で佐々木剛と共にゲスト参加し、主演の石田信之を激励した。宮内は、東映所属のために円谷プロ作品に一度も出演することができなかったので、常にライバルとして意識はしているが、裏を返せば無念さもあると語っている。
  • オリジナルビデオの『ウルトラマンVS仮面ライダー』では『ウルトラセブン』主演の森次晃嗣とインタビューに応じており、「ウルトラマンも不滅ですが仮面ライダーも不滅です」と、互いを認め合う趣旨の発言を行っている。

『仮面ライダーV3』関連 編集

  • 仮面ライダーV3』出演のオファーを受けた際、『仮面ライダー』という作品自体を知らなかったため試しに視聴したところ、深い感銘を受け「これは後世に残る作品となる」と確信。1号と2号を越えなければやる意味がないと判断し、当時の価格で約30万円したビデオデッキと30分用ビデオテープ1本は1万円近い価格だったが、購入して仮面ライダーを研究した。1号と2号が変身を唸るように行うのに対し、V3では「V3!!」と叫ぶ形を取り入れるなどはその成果である。また、変身前の段階で本格的バイクアクションに挑んだのも宮内が初である。
  • オファーの際に師匠の丹波哲郎に相談したところ、「スーツアクターのオファーが来た」と勘違いされたという[10]
  • 同作品のオーディションが貴重な休日と重複してしまい、「この休みなのに一体なんだ!?」と腹を立てながら行き、面接時も終始不機嫌だったが、審査員たちにその態度を逆に気に入られ、「とにかくふてぶてしい奴で、ドアなんか蹴り破って入ってきた」と証言している。しかし、宮内は「そこまではやっていない」と語っている。
  • 2008年3月29日放送の『とことん! 石ノ森章太郎・最終章 仮面ライダーシリーズよ永遠に』では「千葉真一さんにはアクションのことでいろいろ教わった。それをV3で生かした」と語っている。実際にアクションの多い『V3』やその他の特撮作品では、必ず手袋を着用している。理由はアクションシーンで怪我をするのを防ぐためであるが、これは千葉のアイデアを取り入れたものであるという。バンダイから発売されたガシャポンHGシリーズ『東映ヒーロー列伝2』で早川健が発売されたときに、人形の早川健が手袋を着用していなかったため、本人は「(早川健の人形として)認めていない」と語っていた。また、タイムハウスのメディコムトイから風見志郎のアクションフィギュアが発売(限定販売)されたときには「シャツがズボンに入っていない」とダメ出しをしていた。ちなみにメディコムからは宮内が演じた早川健、番場壮吉もフィギュア化されており、風見志郎は2004年に改善された状態で再びフィギュア化された。
  • 主題歌「戦え!仮面ライダーV3」も宮内の歌唱によるものであり、当時発売されたレコードはミリオンセラーを記録した。このレコード収録で、テスト版を収録した水木一郎子門真人が宮内の収録指導に当たったが、宮内の歌があまりにもヘタだったため、激怒した水木は宮内と大喧嘩になったという。だが、その際思いの丈をぶつけ合ったことで、その後は親友になったと後年に水木は語っている[11]
    • 宮内の歌声はコーラスによってフォローされることになった。ソロによる宮内版V3主題歌テープは現存し、NGテイクにもかかわらずストロンガー最終回で使われた。宮内本人はこの使用を知らなかったらしくNHKBSにて石森作品の特番において生放送された際に同作最終回をゲスト席で見ていた宮内も「知らなかった…」と苦笑していた。怪獣VOW(宝島社)でのインタビューによると宮内は、演歌などと違い譜面通りに歌わなければならず、アレンジを利かせられない歌は相当苦手だとのこと。
    • 特撮で有名になる以前からもレコードを出したこともあったが全く売れず、店頭で顔出しキャンペーンを行ってようやく数百枚売れるレベルだったため、非常に悲しかったと語っている[12]
  • 『V3』後半では変身時の掛け声が「へんしん、ブイスリー!!」から、対カニレーザー戦より「へんしん、ブイスリャー!!」に変わるが、LD-BOXのライナーノートや怪獣VOWのインタビューによると、これは本人が「その方が(イ段の音より、ア段の音の方が)エコーが綺麗だから」と意識して変えたものだそうである。変身時以外のセリフでは「ブイスリー」を貫いている。この掛け声はファンに支持され、ゲームデザイナーにして作家の菊池たけしなどは作品の副題の読み方として正式に採用されている。アレンジの過程で本番で格好をつけて「ブァイスリィ!!」と叫び、共演した小林昭二から「子供達が間違って覚えてしまう」と叱咤されたこともあった。
  • 主役を張りつい調子に乗る宮内を叱ったり、アドバイスをするなど小林は非常に面倒見がよく、宮内にとっては公私ともに「おやっさん」であった。小林の逝去に際して取り乱し号泣する宮内の姿は、役の上での共演者としての付き合いを超えた絆を視聴者・ファンに感じさせ涙を誘った。レポーターの「惜しい人を亡くされましたが」という質問にも「おやっさんは死んでなんかいない! 俺たちの心の中で生きているんだ!!」と涙を流しながら叫んだという。
  • 『V3』で共演したライダーマン / 結城丈二役の山口豪久が1986年に41歳の若さで亡くなった時も、早すぎる死を悼み、撮影時に山口から「『僕たちは反目しあうライダーだから、普段から視線を外すよ』と言われた」と語った。しかし『とことん!石ノ森章太郎・最終章 仮面ライダーシリーズよ永遠に』出演時に「ストロンガーの客演時に山口と仲良くロケ弁を食べた」とも語っている。
  • このように、初めて演じたヒーローである仮面ライダーV3・風見志郎には強い思い入れを持っており、「風見志郎は俺以外にはやらせない」と、近年『仮面ライダー THE FIRST』の書籍で語っている。この『THE FIRST』では小林昭二の跡を継ぎ、宮内は1シーンのみだがおやっさん(立花藤兵衛)役を熱演しており、役が発表されたおり「当時から憧れた藤兵衛の役ができてとてもうれしい」と語った。その続編である、『仮面ライダー THE NEXT』には藤兵衛が登場せず、(加藤和樹が風見志郎を演じている)「東映側と宮内の不和による降板か」という噂が囁かれたが、「藤兵衛の登場はもとから企画・脚本の時点で予定になかった」ことを石森プロ側が明かした。

スーパー戦隊シリーズ関連 編集

  • ゴレンジャー』出演のオファーを受けた際、宮内はアオが脇役と勘違いし当初は断っていたが、原作者石森の「アカレンジャー = 宮本武蔵、アオレンジャー = 佐々木小次郎、というスタンス」との説得でようやく受諾したという[13][14]。なお、プロデューサーや石ノ森も別に宮内を副主人公に格下げしたかった訳でなく当時、宮内が他にレギュラー番組も持っていたので「スケジュール的に主役(1番手)は無理」と判断してのことである。実際、「アオレンジャー」の人気は高く玩具も一番売れていたという。また当時は共演の畠山麦(キレンジャー役)とは近所同士の住まいで、ゴレンジャー時代には帰宅や夕食を共にした間柄だったという。
  • ジャッカー電撃隊』では、視聴率低迷の打開策として新たにレギュラーとして宮内を起用。宮内には行動隊長「ビッグ1(ワン)」の役割が与えられた。結果としてストーリーも宮内がメインとなることが多くなり、本作では師匠である丹波哲郎の子息丹波義隆の主演作を奪ったような形になったため、宮内は「気が引けた」とも語っている。なお、2001年の『百獣戦隊ガオレンジャー VS スーパー戦隊』でもビッグワン / 番場壮吉役で出演した。
  • 超力戦隊オーレンジャー』で演じた三浦参謀長は「V3で共演した小林昭二が初代ウルトラマンで演じたムラマツキャップを意識して演じた」と語っており、理由はウルトラシリーズに出演できなかったことからキャラだけでもウルトラシリーズのものにしたかったためでる。
  • 夏期に『オーレンジャー』の撮影でメンバーで旅館に泊まっていたところ、さとう珠緒が「なんでこんなに暑いのに靴下をはいているんですか」と尋ねたところ、宮内は「もし子供がこんなかっこうを見ていたらかっこ悪いだろ。ヒーローは常にかっこよくないといけない」と語り、さとう珠緒はその態度に感服したと語った[15]


『快傑ズバット』関連 編集

  • 『ズバット』の主演に関してはプロデューサーから「君にしか出来ない役で変身ものだ」とオファーが来て即座に受けたという。主人公「早川健」の設定もかなり宮内に合わせて修正された。OPの早川(宮内)がセスナから降りて「投げキッス」をしたシーンでカメラマンがぶっ倒れたと言う逸話がある。
  • 作品自体は好評にも拘わらず玩具商品が売れなかったため、作品が打ち切りになってしまい、現在でも玩具メーカー主導の特撮番組の制作体制を嘆いている。当人はこれを「企業の宿命」だと自伝などで語っている。
  • 宮内演じる早川の仕草は、宮内がハワイに行った時に見た子供の照れを隠す仕草で「これは日本人ではしないだろう」と思いつき、取り入れたという。なお、早川は変身する前は敵に徹底的にやられていたが、これは「受けの美学」を自分なりに追求した結果であり、「変身したらどんなに強いか」と言うギャップを見せたかったと言っていた。

出演 編集

石ノ森章太郎の作品およびその関連作品のみ記述。

映画 編集

テレビドラマ 編集

仮面ライダーシリーズ 編集

スーパー戦隊シリーズ 編集

メタルヒーローシリーズ 編集

暴れん坊将軍 編集

その他 編集

オリジナルビデオ 編集

CM編集

音楽作品 編集

シングル
題名 B/W・C/W 発売年 レーベル 備考
夜霧の世界 孤独のうた 1971年 テイチク
戦え! 仮面ライダーV3 少年仮面ライダー隊の歌(歌 / 水木一郎コロムビアゆりかご会 1973年 日本コロムビア 仮面ライダーV3』主題歌
出逢い まごころの時 1976年 ポリドール
二人の地平線 地獄のズバット / 男はひとり道をゆく(歌 / 水木一郎) 1977年 日本コロムビア 快傑ズバット』挿入歌
ありがとよ 旅に行っておいで 1980年 ビクター
アルバム
題名 発売年 レーベル 備考
特警ウインスペクター ヒット曲集 1990年 日本コロムビア 挿入歌「燃やせ! 瞳を」を歌唱
石ノ森章太郎 男も泣けるTV主題歌集 1998年 テイチク 「地獄のズバット」を歌唱

著書 編集

脚注 編集

注釈 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 東映オフィシャルサイト
  2. 2.0 2.1 2.2 宮内洋プロフィール YAHOO! JAPAN 人物名鑑 日本タレント名鑑
  3. 宮内洋 『ヒーロー神髄』 風塵社 1998年 29頁。ISBN 9784938733551
  4. B-CLUB掲載 『京本政樹のHERO考証学』 インタビューより。
  5. ブレインナビ編 「快傑ズバット大全」 双葉社、2002年、P189。ISBN 9784575293715
  6. 『帰ってきた怪獣VOW』 宝島社、1995年
  7. 『さらば!怪獣VOW』 宝島社、1996年
  8. 『快傑ズバット大全』 双葉社、2002年
  9. ファミリー劇場 『ファ見る!』 2008年8月号でのインタビューより。
  10. 宮内洋 『ヒーロー神髄』 風塵社、1998年、79頁。ISBN 9784938733551
  11. ブレインナビ編 『快傑ズバット大全』 双葉社、2002年、184頁。ISBN 9784575293715
  12. 宮内洋 『ヒーロー神髄』 風塵社、1998年、61頁。ISBN 9784938733551
  13. 「テレビマガジン特別編集 秘密戦隊ゴレンジャー大全集」 講談社、1988年、181頁。ISBN 9784061784093
  14. 宮内洋 『ヒーロー神髄』 風塵社、1998年、101頁、ISBN 9784938733551
  15. 2004年1月8日放送の読売テレビ『ダウンタウンDX』より。

関連項目 編集

外部リンク 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は宮内洋にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki