FANDOM


テンプレート:Redirect テンプレート:漫画八百八町表裏 化粧師』(はっぴゃくやちょうひょうりのけわいし)は、石ノ森章太郎の漫画作品。小学館ビッグコミック」1983年11号(6月10日号)から1984年17号(9月10日号)にかけて連載された。単行本は小学館から「ビッグコミックススペシャル」で上下巻などとして発行された他、ダイソーから105円で再版や、電子書籍化もされている。

マンガ日本経済入門』と並ぶビジネス漫画で、江戸時代後期を舞台にしたのが特徴。

1990年10月から1991年4月にかけて、TBSの『ギミア・ぶれいく』内のコーナードラマとして全16話でアニメ化され、評判を呼んだ。石ノ森の没後、2002年に時代を大正時代に移し『化粧師 KEWAISHI』として映画化もされた。

登場人物編集

式亭小三馬(しきてい こさんば)(声優:神谷明
実在の式亭三馬の息子という設定であり、たしかに三馬の子どもは「式亭小三馬」を名乗ったが、実在の彼の名前を借りた、実質的には架空のキャラクター。現代で言うところのメイクアップアーティスト兼イベントプロデューサーで、既存のアイデアにとらわれない自由な発想で難題を切り抜ける。
花火 (声優:千堂あきほ
亡くなった父から譲り受け、式亭で働いている。小三馬に淡い恋心を抱いている。
水野忠成
史実上の老中で、小三馬の敵役。時には無理難題を吹っかけ式亭を潰そうとするが、裏をかかれる。江戸の大震災で重傷を負う。生死は不明。

コミックス&映像ソフト紹介 編集

  • Shotaro Worldより 全3巻 メディアファクトリー発行
  • ビッグコミックス版 全3巻 小学館発行
  • スーパービジュアルコミックス版 全2巻 小学館発行
  • ダイソー版
映像ソフト

スタッフ紹介 編集

テンプレート:前後番組

テンプレート:Manga-stub テンプレート:Anime-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki