FANDOM


仮面ライダーV3』(かめんライダーブイスリー)は、1973年(昭和48年)2月17日から1974年(昭和49年)2月9日まで、毎日放送と東映が制作し、毎日放送・NET系で毎週土曜日19時30分から20時00分(JST)に放送された特撮テレビドラマ作品、及び作中で主人公が変身するヒーローの名称である。「仮面ライダーシリーズ」の第2作である。

概要 編集

仮面ライダーシリーズ」の第2作。前作『仮面ライダー』の直接的な続編として制作されている。全52話の放送のほか、劇場版1作が「東映まんがまつり」の中で公開された。

前作の勢いを受け継ぎ、頂点を迎えていた変身ヒーローブームの大きな牽引役を果たした作品。主人公の強いキャラクター性とも相まって歴代シリーズ中でも知名度が高い。なお、キー局である関西圏の毎日放送でシリーズ最高視聴率である38%を記録し、その記録はいまだにシリーズでは破られていない。平均視聴率は関東20.2%、関西27%を記録した。

OPにおいて、他の東映作品(『変身忍者 嵐』や『超人バロム1』)で主演俳優(あるいはヒーローのアフレコをしている声優)がタイトルバックで作品名を絶叫するのに影響され本シリーズでも本作からそれが採用されており、以後『仮面ライダーアマゾン』を除く『仮面ライダーストロンガー』まで続けられる事になる。

ストーリー 編集

仮面ライダー1号仮面ライダー2号の活躍によって秘密結社ゲルショッカーは壊滅し地上に平和が戻ったかに見えた。自爆した筈のショッカー首領は存命し、密かに新組織デストロンを結成させ再び世界征服に乗り出した。デストロンによって父・母・妹の家族3人を奪われた風見志郎(かざみ しろう)は、仮面ライダー1号と2号による改造手術で新たなる仮面ライダー、V3になりデストロンに立ち向かう。

以下、シリーズの展開に合わせてストーリーを解説する。

第1 - 13話
V3誕生編。「26の秘密」と呼ばれる必殺技や特殊能力を戦いの中で解き明かしていくという、謎解きの展開、前作に登場したゲルショッカーの合成怪人というコンセプトをさらに推し進めた機械と生物の合成による怪人との戦い、その機械合成怪人が2体登場する前後編ストーリーが特徴である。しかし、V3の苦戦が「26の秘密」の解明につながるという展開がV3は弱いというイメージを印象づけてしまうなどの問題が発生し、路線変更が行われた。
第14 - 30話
デストロン初代幹部ドクトル・ゲーが登場する。機械と生物の合成怪人というコンセプトは変わらないものの、視聴者にV3は弱いヒーローと印象づけてしまう元凶となっていた「26の秘密」を解明する展開は削除され、1体の怪人が登場する1話完結ストーリーが中心となる[1]。ドクトル・ゲーの存在感、劇場版と同時進行の第20話と第21話の四国ロケ、第19話と第22話の静岡県ロケ、劇場版のダブルライダーとの競演、第22話から第24話までの怪談シリーズ、第26話と第27話における前作の大幹部の復活、主人公のパートナー・佐久間ケンの登場など多くのイベントが盛り込まれた。
第31 - 40話
視聴率にも翳りが見えてきたため、怪奇性の強化を図るべく、デストロンと結託した怪人部族の長であるキバ男爵とツバサ大僧正を登場させた。それぞれ5話ずつ短期間の登場となったのは、タイアップしている月刊の幼年誌向けに月1回話題を提供する意図による。これに伴い、怪人コンセプトも変更され、機械合成怪人からショッカーと同様の単一の生物モチーフに戻している。だが、それぞれの部族ごとの特徴をクローズアップし、かつ呪術的なニュアンスを加味していた。短期間内の幹部怪人との決戦、三人ライダーの共闘(33、34話)、原点を見直す意図による前作エピソードのリメイク(第39話から第42話)等、さまざまな試みが行われた時期でもある。
第41 - 52話
キバ一族、ツバサ一族といった怪人部族との結託は一段落し、大幹部ヨロイ元帥の登場によってデストロンのイメージは初期に近くなる。さらにデストロンの科学者という過去を持つサブヒーロー・ライダーマンの登場による三つ巴のドラマなど、最後まで多くの話題が提供され続けた。

登場人物 編集

仮面ライダーとその協力者 編集

風見志郎 / 仮面ライダーV3
本作の主人公。城南大学生物学部の学生。
結城丈二 / ライダーマン
もう一人の主人公(サブヒーロー)。元はデストロンの科学者。後に仮面ライダー第4号として認められる。
本郷猛 / 仮面ライダー1号
前作の主人公。城南大学生化学研究室における志郎の先輩でもある。
一文字隼人 / 仮面ライダー2号
前作の主人公。
立花藤兵衛
前作に引き続きライダーたちを支援し、特訓の補助や精神的なアドバイスをしている。

少年ライダー隊 編集

珠純子
本作のヒロイン。デストロンの怪人ハサミジャガーに襲われていたところを志郎に助けられ、志郎の家族を巻き込んで死なせたという自責の念から戦いに参加する。
珠シゲル
純子の弟で少年ライダー隊の隊員。隊の中心的な存在であり、姉と共にV3の戦いをサポートする。

デストロンハンター 編集

インターポールを参照

佐久間健
インターポールの対デストロン組織「デストロンハンター」の一員。

デストロン 編集

ゲルショッカー壊滅後にショッカー首領が新たに結成させた「最後」の組織。デストロンを参照。

デストロン首領
かつて仮面ライダー達に敗れたショッカー首領。
ドクトルG
デストロンのドイツ支部から日本支部に招聘された初代日本支部長。
キバ男爵
「ドーブー教」の魔法使いにして、ドーブーを信奉する「キバ一族」の長。
ツバサ大僧正
「まんじ教」の教祖であり、飛行能力を持つ怪人によって構成された「ツバサ一族」を率いる3代目大幹部。
ヨロイ元帥
「ヨロイ一族」の長にして、デストロン最後の4代目大幹部。
結城丈二 / ライダーマン
もう一人の主人公(サブヒーロー)。元はデストロンの科学者。後に仮面ライダー第4号として認められる。
犬神博士
ドクトルGが日本支部に着任する前に、首領が全幅の信頼を置いていた科学者チーフ。
魔女スミロドーン
「キバ一族」の母なる魔女。キバ男爵の祈祷により100万年の眠りから目覚めた。
ゾル大佐
ショッカー大幹部。
死神博士
ショッカー大幹部。
地獄大使
ショッカー大幹部。
ブラック将軍
ゲルショッカー大幹部。

スタッフ 編集

キャスト 編集

レギュラー・準レギュラー 編集

主なゲスト出演者 編集

※参考文献:『仮面ライダー大図鑑(3)』(バンダイ・1991年)、『仮面ライダーV3大全』(双葉社・2001年)

スーツアクター 編集

放映リスト 編集

放送日話数サブタイトル登場怪人脚本監督
1973年
2月17日
1ライダー3号 その名はV3! 伊上勝 山田稔
2月24日2ダブルライダーの遺言状
3月3日3死刑台のV3
  • テレビバエ(人間体:山田禅ニ / 声:沢りつお)
  • イカファイア(声:八代駿
奥中惇夫
3月10日4V3の26の秘密!?
3月17日5機関銃を持ったヘビ人間! 鈴木生朗 塚田正煕
3月24日6ハンマークラゲ出現! 放て、V3の必殺わざ!!
  • ハンマークラゲ
3月31日7ライダーV3 怒りの特訓 島田真之 山田稔
4月7日8危しV3! 迫る電気ノコギリの恐怖
4月14日9デストロン地獄部隊とは何か!?
  • レンズアリ(人間態:北九州男 / 声:辻村真人)
  • カミソリヒトデ(声:市川治
内藤まこと
佐伯俊道
田口勝彦
4月21日10ダブル・タイフーンの秘密
4月28日11悪魔の爪がV3をねらう!! 鈴木生朗 塚田正煕
5月5日12純子が怪人の花嫁に!?
5月12日13恐怖の大幹部 ドクトル・ゲー!?
  • ジシャクイノシシ(人間態:練木二郎 / 声:峰恵研)
伊上勝 山田稔
5月19日14ダブルライダー 秘密のかたみ
  • ガマボイラー(声:沢りつお)
5月26日15ライダーV3 死の弱点!!
  • バーナーコウモリ(人間態:中田博久 / 声:八代駿)
塚田正煕
6月2日16ミサイルを背おったヤモリ怪人!
  • ミサイルヤモリ(声:辻村真人)
鈴木生朗
6月9日17デビルスプレーは死神の武器
  • スプレーネズミ(人間態:鈴木志郎 / 声:山下啓介)
  • クサリガマテントウ(人間態:達純一 / 声:沢りつお)
島田真之 田口勝彦
6月16日18悪魔の裏切り あやうしV3!
6月23日19ハリフグアパッチの魚雷作戦!!
  • ハリフグアパッチ(声:沢りつお)[※ 3]
滝沢真理 塚田正煕
6月30日20デストロン四国占領作戦
  • ギロチンザウルス(人間態:斉藤真 / 声:辻村真人)
  • ドクバリグモ(人間態:中屋敷鉄也 / 声:西崎章治)
伊上勝 山田稔
7月7日21生きていたダブルライダー
7月14日22恐怖のキャンプ 地底運河のなぞ!
  • ウォーターガントド(声:八代駿)[※ 4]
島田真之
塚田正煕
塚田正煕
7月21日23恐怖! 墓場から来た吸血男
  • プロペラカブト(人間体:中山克己 / 声:八代駿)
鈴木生朗 山田稔
7月28日24怪奇! ゴキブリ屋敷!!
  • ゴキブリスパイク(人間態:山下則夫 / 声:辻村真人)
滝沢真理
8月4日25怪奇!! デストロンレインジャー部隊
  • カマキリメラン(声:峰恵研)
伊上勝 塚田正煕
8月11日26怪人ヒーターゼミのミイラ作戦!!
  • ヒーターゼミ(人間態:水木正子 / 声:市川治)
8月18日27生きかえったゾル・死神・地獄・ブラック
  • ワナゲクワガタ(人間態A:稲川善一、人間態B:中屋敷鉄也 / 声:八代駿)
  • 再生4大幹部
  • 再生ドクダリアン(声:沢りつお)
  • 再生シオマネキング(声:西崎章治)
  • 再生イモリゲス(声:峰恵研)
  • 再生ウニドグマ(声:辻村真人)
山田稔
8月25日285大幹部の総攻撃!!
9月1日29ドクトル・ゲー 最後の挑戦!
  • カメラモスキート(声:八代駿)[※ 5]
塚田正煕
9月8日30ドクトル・ゲー! 悪魔の正体は?
  • カニレーザー(声:沢りつお)
  • ドクロイノシシ
9月15日31呪いの大幹部 キバ男爵出現!!
  • ドクロイノシシ(声:沢りつお)
折田至
9月22日32鬼火沼の怪 ライダー隊全滅!?
  • オニビセイウチ(声:八代駿)
9月29日33V3危うし! 帰って来たライダー1号、2号!!
  • ユキオオカミ(声:沢りつお)
鈴木生朗 塚田正煕
10月6日34危機一発! キバ男爵対三人ライダー!!
10月13日35キバ男爵 最後の変身
  • 吸血マンモス(声:峰恵研)
伊上勝 内田一作
10月20日36空の魔人 ツバサ軍団
10月27日37怪しの寺 ムササビ族の呪い!
  • コダマムササビ(声:沢りつお)
滝沢真理 折田至
11月3日38子連れV3 死のスカイダイビング!
  • ドクガーラ(声:辻村真人)
鈴木生朗
11月10日39人喰い植物 バショウガンの恐怖!![9]
  • バショウガン(声:山下啓介)
海堂肇 内田一作
11月17日40必殺! V3マッハキック!![10]
  • 死人コウモリ(声:辻村真人)
11月24日41あッ! 人間が溶ける! ヨロイ元帥登場[11]
  • ガルマジロン(人間体:三井恒 / 声:西崎章治)
折田至
12月1日42カタツムリ人間の人体実験![12]
  • カタツブラー(声:沢りつお)[※ 8]
12月8日43敵か味方か? 謎のライダーマン
  • カマクビガメ(人間態、怪人体の声:槐柳二
伊上勝 内田一作
12月15日44V3対ライダーマン
12月22日45デストロンのXマスプレゼント 鈴木生朗 折田至
12月29日46ライダーマンよ どこへゆく?
1974年
1月5日
47待ち伏せ! デストロン首領!!
  • シーラカンスキッド(声:沢りつお)
  • デストロンライダーマン(演:山口暁
伊上勝
1月12日48見た! デストロン首領の顔!!
  • オニヒトデ(声:八代駿)
海堂肇
1月19日49銃声一発! 風見志郎倒る!!
  • カメレオン(人間態:石川敏 / 声:山下啓介)
長石多可男 内田一作
1月26日50小さな友情
  • 吸血カメレオン(声:山下啓介)
平山公夫
2月2日51ライダー4号は君だ!!
  • ザリガーナ(声:沢りつお)
鈴木生朗
2月9日52デストロン最後の日
  • ザリガーナ
  • デストロン首領
  • 再生オニビセイウチ(声:八代駿)
  • 再生バショウガン(声:西崎章治)
  • 再生死人コウモリ(声:山下啓介)
  1. OP表記は辻真人
  2. 第11話のみOP表記なし
  3. OP表記は八代駿。ウォーターガントドと入れ替わっている。
  4. OP表記は沢りつお。ハリフグアパッチと入れ替わっている。
  5. OP表記は山下敬介(山下啓介)
  6. OP表記はスミロドーン
  7. OP表記は市川治
  8. OP表記は辻村真人

音楽 編集

主題歌 編集

オープニングテーマ 編集

戦え! 仮面ライダーV3

エンディングテーマ 編集

少年仮面ライダー隊の歌」(第1 - 42話)
「走れハリケーン」(第43 - 最終話)[13]

挿入歌 編集

オープニングとエンディング同様、作・編曲はすべて菊池俊輔。「デストロン讃歌」、「V3のマーチ」、「V3アクション」、「仮面ライダー讃歌」の冒頭には効果音とセリフが入っている。ライダーマンのテーマ「ぼくのライダーマン」は本作の劇中でも使用されたが、『仮面ライダーV3』のLPレコードはすでに発売されていたため、次作『仮面ライダーX』のLPに収録された。

「仮面ライダー讃歌」
「不死身の男」
  • 作詞:島田真之、丘灯至夫 / 作曲・編曲:菊池俊輔 / 歌:水木一郎
「V3アクション」
  • 作詞:石森章太郎 / 作曲・編曲:菊池俊輔 / 歌:子門真人
「V3の一人歌」
  • 作詞:田中守、丘灯至夫 / 作曲・編曲:菊池俊輔 / 歌:水木一郎
「V3のマーチ」
  • 作詞:伊上勝、丘灯至夫 / 作曲・編曲:菊池俊輔 / 歌:水木一郎、コロムビアゆりかご会
「デストロン讃歌」
  • 作詞:土井信 / 作曲・編曲:菊池俊輔 / 歌:日本合唱協会
「V3の子守唄」
「ぼくらの仮面ライダーV3」
  • 作詞:中瀬当一、丘灯至夫 / 作曲・編曲:菊池俊輔 / 歌:コロムビアゆりかご会
「ぼくのライダーマン」
  • 作詞:田中守 / 作曲・編曲:菊池俊輔 / 歌:コロムビアゆりかご会

劇場版 編集

コミカライズ作品 編集

本作制作の時点で、原作者石森章太郎による『仮面ライダー』の連載はすでに終了しており、原作者自身による本作のコミカライズ作品は存在しない。放映当時から石森プロ所属の漫画家を中心に多くの作家によるコミカライズが行われている。

放映当時の連載 編集

冒険王掲載版(すがやみつる、1973年3月号 - 1974年3月号)
テレビシリーズに準じた展開であるが、個々のエピソードや怪人の性格付け等は独自のもの。幼年誌に比べてページ数に余裕があったため、レギュラーキャラクターや敵幹部もテレビ同様に活躍し、100ページを越える長編も執筆された。デストロンとの最終決戦まで描かれて終了した。
別冊冒険王掲載版(すがやみつる、1973年春季号・4月号 - 1974年2月号)
スパナサンゴ、エイジェットなどのオリジナル怪人が登場。
テレビマガジン掲載版(すがやみつる、1973年3月号 - 1974年2月号)
立花藤兵衛や珠純子など味方側のレギュラーは一切登場せず、V3とデストロンとの戦いにしぼって描かれた。オイルショックによる掲載誌のページ減により1974年2月号をもって連載が打ち切られ、V3とライダーマンが和解して共闘を誓い合うところで話は終了している。
テレビランド掲載版(久留米東、1973年3月号 - 5月号 → 暁俊二、1973年6月号 → 松本めぐむ、1973年7月号 - 1974年2月号)
やはりテレビに準じた展開。立花藤兵衛らによる戦い以外のドラマも描かれている。テレビマガジンと同様の事情で1974年2月号をもって打ち切りとなり、ライダーマンの誕生で話は終了。翌月の『仮面ライダーX』で立花藤兵衛がデストロンとの決戦を回想する形で物語に区切りをつけている。
たのしい幼稚園掲載版(石川巨人、1973年5月号,6月号,1974年3月号)
別冊たのしい幼稚園掲載版(石川のりひこ、1973年3月号 - 9月号)
おともだち掲載版(細井雄二、1973年3月号 - 1974年3月号)
ディズニーランド掲載版(石川巨人、1973年3月号 - 1974年3月号)

放映終了後の連載 編集

『仮面ライダー』テレビランド掲載版(山田ゴロ)
1978年より徳間書店「テレビランド」誌で『仮面ライダー』から『仮面ライダースーパー1』までのストーリーが新作漫画として連載された。このストーリーは後に全9巻の単行本にまとめられているが、第1巻後半からライダーマン編を含む第3巻まで(ライダーマン編も含むと第4巻まで)がV3編となり、大きなウエイトを占めている。また、ライダーマン編は第4巻一冊分のページ数が費やされ、彼の前半生について独自の物語が展開された。病母を抱えた貧しい少年・結城丈二がデストロンに見込まれ、やがて科学者として成功しながらもヨロイ元帥に裏切られライダーマンになるまでの物語が独特のテイストで描かれている。
仮面ライダーSPIRITS』マガジンZ掲載(村枝賢一)
風見志郎と結城丈二は主役のメンバーとして登場。結城の生存確認や志郎の海外での戦いなどが描かれている。

ゲーム 編集

仮面ライダー作戦ファイル2
東映ビデオ。
『仮面ライダーV3』
バンダイ2000年9月18日プレイステーション用の3D格闘アクションゲームとして発売。製作はKAZe。システムは1998年に発売された格闘ゲーム『仮面ライダー』(以下「前作」)に準じているが、キャラクター数や隠し要素は増えている。
前作の音声は主に以前収録された音声によるライブラリ出演であったが、本作の音声は一部を除き新規に収録された。
ストーリーモードは、番組の内容に沿ったストーリーの他、ライダーマンが主役の「ライダーマン編」、1号・2号が主役の「仮面ライダー編」もある。特別編は条件を満たさないとプレイできない隠し要素だが、前作のセーブデータが同じメモリーカードにあれば、最初からプレイできる。声の出演などについては、仮面ライダー (プレイステーション版)を参照。

映像ソフト化 編集

  • ビデオ(VHS、セル・レンタル共通)は全14巻が東映ビデオよりリリースされている。全話収録だが、当初は傑作選の予定だったため、収録順は放送順と一致していない。
  • 1993年8月25日LD-BOXが東映ビデオより発売された。
  • 2000年5月21日から9月21日にかけて単品のLDが東映ビデオより発売された。全7巻の各2枚組で各巻8話(Vol.7のみ1枚・4話)収録。
  • 2002年12月6日DVD-BOXが東映ビデオより発売された。
  • 2007年10月21日から12月7日にかけて2007年10月公開の『仮面ライダー THE NEXT』の公開を記念して単品のDVDが発売された。全9巻で各巻6話(Vol.8、Vol.9は5話)収録。1 - 3、4 - 6、7 - 9はそれぞれ同時リリースされた。
  • 2008年7月21日発売の「石ノ森章太郎 生誕70周年 DVD-BOX」に第1話が収録されている。

後期への影響 編集

  • 仮面ライダーアギト』(平成第2作) - 作品全体に本作へのオマージュが多く、一部の敵キャラクターのモチーフにデストロン怪人が使われている[14]。本作の他に、『サイボーグ009』がストーリーモデルに使われている。
  • 仮面ライダー響鬼』(平成第6作) - 立花勢地郎の知り合いとされる風見という教師の存在が語られている。
  • 仮面ライダー電王』(平成第8作) - アニメ作品『仮面ライダー電王+しん王』で、しん王によるV3のパロディが行われた。
  • 仮面ライダーW』(平成第11作) - 今作の登場人物である照井竜 / 仮面ライダーアクセルは、「父と母と妹の仇を取る為に仮面ライダーになった」という設定が風見志郎に一致している。
  • 仮面ライダー THE NEXT』(新解釈によるリメイク作品)

撮影場所 編集

  • カーフェリー(現:商船三井フェリーの)「さんふらわあ」 - 旧:日本高速フェリー時代、当時の東京 -[宇久井港]那智勝浦 - 高知航路で撮影に使われている。
  • 来島どっく

脚注 編集

  1. 第17話・第18話や、四国ロケ編の第20話・第21話は初期と同様に2体の怪人による前後編である。
  2. 挿入歌の作詞者「中瀬当一」は阿部Pの筆名である
  3. 平山・阿部Pの共同筆名である
  4. 大幹部を演じる以前に、34話ではなぜかOPクレジットに表記されていたが、何の役を演じていたのかは不明。
  5. OP表記は「松田洋二」
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 6.4 6.5 6.6 6.7 6.8 6.9 「大野剣友会伝 ヒーローアクションを生んだ達人たち」(風塵社)
  7. 仮面ライダーアギト 第28話
  8. 新堀和男 株式会社レッド・エンタテインメント・デリヴァー
  9. 『仮面ライダー』第4話のリメイクである
  10. 『仮面ライダー』第31話のリメイク。
  11. 『仮面ライダー』第3話のリメイク。
  12. 『仮面ライダー』第2話のリメイク。
  13. 第43・44話までのクレジットは「少年仮面ライダー隊の歌」。
  14. デザインを担当した出渕の雑誌インタビューでのコメントや『とことん!石ノ森章太郎』での発言より。

関連項目 編集

  • ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー(V3がヨーロッパで鉄面男爵と戦っていたという設定で、写真とBGMが使われた)
  • KIKAIDER00(V3がゲスト出演している小説)
  • 登米市(石ノ森章太郎の故郷である登米市中田町石森に新しくできた公園にV3の立像とベルトを模したモニュメント、そして除幕式直後にとった宮内の手形がある。除幕式には宮内の他に、石森プロと東映の関係者、そして数々の石森特撮番組を手がけた平山亨も参列した)

外部リンク 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki