FANDOM


仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダーBlack

テンプレート:漫画 テンプレート:告知仮面ライダーBlack』(かめんライダーブラック)は、石ノ森章太郎漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)にて1987年から1988年にかけて連載された。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

記憶を失い、ニューヨークの地下水道をうろつく男。彼こそは、秘密結社ゴルゴム」に体を改造され、研究室から逃げ出した日本人・南光太郎だった。テレビ番組「裏の世界(リバースワールド)」の取材陣、サムとケイトと知り合った彼は、カメラマンとして取材に参加し、世界の奇怪な事件を追う中で、自分の記憶を取り戻し謎を解明してゆく。自分が京都で生活していたことを思い出した光太郎は、取材陣とともに京都へと向かった。そこで、彼は自分の過去を知らされる。

光太郎は幼い頃に両親を失い、父親の親友だった秋月家で育てられていた。秋月家の子供、信彦・杏子と共に、家族同然に育てられた光太郎だったが、去年、信彦と共にニューヨークへ空手の親善試合をしに旅立ったまま日本に戻っていなかった。表向きは交通事故で亡くなった…とされていたが。しかしそれは「ゴルゴム」の陰謀だった。信彦がいまだに「ゴルゴム」の手にあると知った光太郎は、世界各地へと旅立つのだが…。

ストーリー終盤、ゴルゴムの基地から脱走してきた信彦と光太郎は手を組んでゴルゴムと戦うのだが、光太郎は、未来世界を魔王と名乗る改造人間が支配し、僅かに生き残った人類も虐殺されている事を知る。魔王の姿は変身した光太郎、信彦と同じであり、光太郎は『自分か信彦が魔王と化し、世界を滅ぼす』事を悟る。親友と戦う事を躊躇い続けた光太郎だが、信彦は密かにゴルゴムの思想に染まっていた為、光太郎が未来に飛ばされて行方不明になった隙に、ゴルゴムの支配者として世界を滅亡へと導いた。

1999年、東京湾の御台場で遂に光太郎は信彦を倒すが、世界は既にゴルゴムの引き起こした核戦争と環境汚染で滅亡しつつあった。信彦は最期に「オマエが死ねばオレが新世界の王になる!オレが死ねばオマエが世界の……」と言い残す。光太郎は無人の東京湾で沈没した船「日本丸」の上に立ち、「おしえてくれ~!オレは誰だ!?」と問うのだった……

概要 編集

特撮テレビドラマ仮面ライダーBLACK』の漫画化作品であり、仮面ライダーシリーズの原作者・石ノ森章太郎が執筆した。石ノ森自身が仮面ライダーの漫画作品を手掛けるのは『アマゾン』以来であり、今作が最後となった。

登場人物の設定はテレビドラマ版とは大きく異なっており、登場する仮面ライダーのデザインやストーリー展開も大幅に異なっている。

実写ヒーロー物のテイストとは根本的に差別化した、ハードかつ陰鬱な内容の作品であり、バイオレンス、流血描写、ヌード描写、登場人物の凄惨な死、救われないシナリオなど、描写や展開もSFホラーとも言うべき極めて過酷な内容となっている。光太郎の変身後の姿も、あくまで黒いバッタ人間として扱われており、非常に生物的である(ただし実写の仮面ライダーBLACKに変異をする前段階の姿と後のRXの姿とやや類似している)。

リアリティを出すためか、作品内で光太郎が「仮面ライダーBlack」を名乗るのは1回だけである。作品中盤において、光太郎の先輩・大門五郎が昔のテレビ番組『仮面ライダー』に模したバイク(外見は実写版『仮面ライダーBLACK』に登場する「バトルホッパー」に酷似している)を光太郎にプレゼントした回でのことだが、それ以降は名乗りもしなければ呼ばれもしない。そもそも行動範囲が世界各地と広いため、そのバイクを光太郎が利用することは殆ど無かった。

秋月信彦の変身後の姿も実写版『仮面ライダーBLACK』でのシャドームーンのように銀色の体ではなく、光太郎と同様に変身後の姿は黒いバッタ人間として描かれている。

なお、作品内に登場するホテルは、すべて「プラトンホテル」の系列である。これは、石ノ森章太郎の作品『HOTEL』の舞台となるホテルであり、他作品との関係もうかがえる。

登場人物 編集

南 光太郎(みなみ こうたろう)
主人公。惑星直列の時刻に、ゴルゴムの意思によって生まれる。研究所から逃げ出したことから、ゴルゴムに「裏切り者」として連れ戻そうと追われるが、彼は人類滅亡後に世界を支配する「魔王」の候補者でもあった。体の細胞の配列を変える事によりバッタ人間に変身し、体内に埋め込まれている「賢者の石」により体を黒く輝かせる。
サム・スピード
テレビ番組「裏の世界」のディレクター。自称・準主役の三枚目顔。光太郎と知り合い、番組制作を通じ彼に協力する。
ケイト・クリスティ
テレビ番組「裏の世界」の女性リポーター。自らの危機の時に助けてくれる光太郎に好意を寄せている様子。
秋月 総一朗(あきづき そういちろう)
ハイテク会社「あきづき」社長。自分の子供らと共に光太郎を育て上げる。ゴルゴムの関係者であり、オニグモ怪人に変身する能力を持つが、ゴルゴムの秘密を光太郎に知らせようとした際に抹殺される。
秋月 杏子(あきづき きょうこ)
光太郎の妹のような存在。光太郎のことが好きだが、最終回でゴルゴムの世界改変(伝染病、NBC兵器を用いた戦争、科学陣の開発した機械などでもたらされた人工的な天災などによる、人類の殲滅とゴルゴム怪人たちによる世界の支配)の影響による伝染病にかかって死んだことが、最終決戦時に1999年の魔王に明かされる。
秋月 信彦(あきづき のぶひこ)
光太郎と同じ時刻に生まれる。光太郎と共にニューヨークで「ゴルゴム」の手に落ちる。光太郎と同じ「魔王」候補であり、彼もまた、体の細胞の配列を変える事によりバッタ人間に変身し、体内に埋め込まれている「賢者の石」により体を黒く輝かせる。
紀田 あゆみ(きた あゆみ)
信彦の恋人。京都市嵯峨野に住む。ゴルゴムによりネコ怪人に改造されて、光太郎と戦わなければならなくなる。そのため(光太郎をゴルゴムに戻すためだけに急ごしらえで改造されたので)一定時間ごとに人の血を求めるようになり、吸血を繰り返す。また光太郎を殺人犯に仕立て上げるために、光太郎が仮面ライダーBlackであると名乗ったときのヘルメットとライダースーツ(どちらもともにバイク搭乗用)と同じものを着け、地上げ屋たちを殺害している。最後は光太郎に自らの抹殺を依頼して、命を落とす。
魔王(まおう)
光太郎が未来の世界へと旅立った際に出会う。人類滅亡後の世界の支配者。部下からは「猊下」と呼ばれており、光太郎の変身後と同じ姿をしていた。魔王本人は光太郎に対して「ワシは未来のお前だ。お前がワシになるのだ」と答えており、光太郎に敗れた信彦は死に際に「俺が死ねばお前が魔王になる」と語る。光太郎自身が未来の魔王であると受け取れる台詞が多いものの、光太郎は魔王の声を「信彦の声に似ている」と感じていたり、魔王の手下が光太郎を魔王と間違える中、野獣のような動物は体臭の違いからか、魔王とは認識せず吠えるなど、この魔王が光太郎であるか信彦であるかという謎を残す。

単行本 編集

  • 少年サンデーコミックス(小学館) 全6巻
  • スーパービジュアルコミックス(小学館) 全3巻
  • 小学館文庫 全3巻

テンプレート:Manga-stub

en:Kamen Rider Black

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki