FANDOM


ロボット110番』(ロボットひゃくとおばん)は、1977年4月8日から12月30日テレビ朝日系で放送された特撮子供向けドラマ。

概要 編集

ロボット博士の開発したガンちゃん達4体のロボットが、ロボットサービスセンターを結成し、世のため・人のために活動する物語。メインライターは、前作『がんばれ!!ロボコン』に引き続き上原正三が務めている。

ロボットサービスセンターへの依頼を受けたガンちゃん達の活動が物を壊すなどの失敗ばかりで赤字になり、最後はミスターチーフからの罰として「バッテンパンチ」を食らってしまう…というのが毎週の基本ストーリー。壁から出てくるパンチを顔に受けて突き飛ばされたガンちゃんが目を回し「ガンガラパッパーヨ!」と言うのが毎回定番のラストシーンで、黒字になった時でもチーフが習慣で「バッテンパンチ!」と言ってしまいガンちゃんがパンチをくらう、またはケイくんも赤字を出してバッテンパンチを食らう(第24話「ガリ勉マシーン大きらい」)、というパターンもあった。

超合金ポピー(現・バンダイ))は、主人公のガンちゃんのみが発売された。

ガンちゃんの着ぐるみは、後の『ロボット8ちゃん』(フジテレビ・1981〜82年)第3話で「勉強ロボット」として登場した。

評価 編集

『がんばれ!!ロボコン』のロボット路線を引き継いではいるが、前作のロボット学校の賑やかさとは違った「実社会のシステムを反映したシビアな設定」「登場ロボットの少なさ(殆ど表に出ないミスターチーフを入れても4体)」などが地味な印象を与えたり、エンディングテーマにも歌われている「バッテンパンチ」が暴力的と受け取られたりと、新味として盛り込まれた部分が評価されず、全50話の当初予定を短縮して37話で終了となった。ただし、視聴率はほぼ同時期に放送されていた東映特撮作品(大鉄人17ジャッカー電撃隊快傑ズバット)の中で一番高かった。

ちなみに同時期の戦隊シリーズジャッカー電撃隊』も、本作同様ハード路線を標榜した結果、前番組(『秘密戦隊ゴレンジャー』)程の人気が得られず短期終了(全35話)となっている。

出演 編集

レギュラー 編集

ガンちゃん:(声の出演)野沢雅子
スクラップから生まれたロボット。ゴキブリの駆除を得意としている。変形して走行したり、空を飛ぶこともできるが、いつも失敗ばかりしている。
ケイくん:(声の出演)小原乃梨子
秀才ロボットでお金を稼ぐのが得意だが、性格は意地悪でよくガンちゃんをバカにしている。登場初期は頭部が原作と同じ豆電球型のデザインだったが、後にナスビ電球型に変更された。
ミスターチーフ:(声の出演)八奈見乗児
みんなが働いたお金を計算するロボット。赤字損益または収益ゼロを出したロボットに「バッテンパンチ」を与える。ガンちゃんが毎回これをくらっており、たとえ黒字収益を出しても習慣でくらわしてしまったことがある。
パパ(中村秀夫):工藤堅太郎
ガンちゃんが居候する、中村家の父親。
ママ(中村きみ子):久保田民絵
中村家の母親。
中村アケミ:小野瀬弘見
中村家の長女。通称「ケメちゃん」。
中村良夫:田中和則
中村家の長男。
パールちゃん:石原昌子
ロボットサービスセンターで事務を務める美少女ロボット。
南田巡査:谷村昌彦
街のお巡りさん。
ロボット博士:石森章太郎(原作者。後の石ノ森章太郎
ガンちゃん達を作った博士。第25話、最終話で登場。

ゲスト 編集

スタッフ 編集

主題歌 編集

2曲とも、オムニバスアルバム「ロボットコメディ主題歌・挿入歌大全集」(2007年発売)に収録されている。

放送リスト 編集

  1. 太陽のガンちゃん
  2. 天使のような誘拐魔
  3. 散歩する美術作品
  4. 一円玉のバッテン・パンチ
  5. 奇跡を呼ぶ借金とり
  6. ガンちゃんパパになる
  7. 初めてもらった十万円
  8. ゴキブリの詩
  9. お金のなる木見つけたぞ
  10. 歩かない少女
  11. ガンちゃん七転び八起き
  12. 命がけの魚つり
  13. 大追跡だよ一直線
  14. ハートでアタック
  15. 計算は苦手だよ
  16. 大発見! バッテンメーター
  17. パールの涙は真珠です
  18. ガンちゃんはだれのもの
  19. 稲妻キック受けてみろ
  20. 百万円の大チャンス
  21. 宇宙へなんか行かないで
  22. ついにやったぞ大手柄
  23. 五円玉の幸福
  24. ガリ勉マシン大きらい
  25. 子供みこしのお通りだ
  26. 宝さがしはコリゴリだ!
  27. ケイくんの頭一億円
  28. お婆ちゃんの広場
  29. パールちゃん立って!
  30. ガンガラファイトを取り戻せ
  31. わんぱく大戦争
  32. 鬼コーチに負けるな
  33. うそつき少年
  34. ガンちゃんの贈りもの
  35. 人さわがせな大冒険
  36. 二人のパパ
  37. ぼくらロボットがんばるゾ!!

映像ソフト化 編集

2008年7月21日発売の「石ノ森章太郎 生誕70周年 DVD-BOX」にテレビシリーズの第1話が収録され、初のソフト化となった。

劇場版『大鉄人17』の上映終了後、本作と『5年3組魔法組』『ジャッカー電撃隊』『快傑ズバット』の予告編が上映された。本作の予告はテレビ放映開始前に劇場で公開するために制作されたとみられ、撮影会と思しきガンちゃんやロボットたちがカメラマンに囲まれている様子が写されている。この予告編映像は「東映特撮ヒーロー THE MOVIE BOX」や『大鉄人17』のDVDに収録されている。

テンプレート:前後番組

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki