FANDOM


ノコギリトカゲは、『仮面ライダーV3』の登場キャラクター。

テレビシリーズ 編集

デストロンの女性怪人第1号。第7話で人間態として登場し、第8話で初めて正体を現した。地位はナイフアルマジロより格上らしい。右手の電気ノコギリでV3を襲った。最後はV3のダブルアタックで倒された。

すがやみつるの漫画版ではサーカスの舞台上で出し物に見せ掛け、人間を丸鋸で斬首するという役だった。人を殺す事を嫌う心優しき女性としての一面も描かれたが、変身すると人間性が失われる。

リメイク映画 編集

『仮面ライダー THE NEXT』では、チェーンソーリザードという名のショッカーの改造人間として登場している。

エクサストリーム社の社長秘書であった女(本名は不明)がマスクを被ることで変身する。ナノロボットにより改造される前は清楚な雰囲気を携えた風見の優秀な秘書であったが、改造後は冷酷で残忍な性格の持ち主になり、妖艶な振る舞いも見せるようになった。

恐るべき切れ味を誇る右腕の巨大チェーンソーが武器で、着脱も可能。また、ナノロボットによる改造の影響で再生能力も備えている。レストラン「LEGEND OF GATHERING」の地下(ショッカーの基地の地下)で、かつての上司であった志郎にV3反転キックで倒された。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki