FANDOM


デストロン戦闘員は、『仮面ライダーV3』の登場キャラクター。

概要 編集

デストロンの主戦力である一般兵士。常人の5倍の体力を持ち、ゲルショッカー戦闘員以上の戦力を誇る。当時の児童書によれば「頭はあまり良くない」とある。

白いサソリ模様の黒い全身タイツ服を着た通常の戦闘員と、赤いサソリ模様の白い全身タイツ服を着た科学者戦闘員がいる。また、軍服を着た首領専属親衛隊もいた。

1話での本郷の模擬葬儀など、儀礼の際には黒ずくめの三角頭巾に長衣を着用するのが常である。また、ツバサ大僧正配下の戦闘員はこの装束の袖に長いフリンジをつけていて、空を飛べる。女戦闘員は補助的な登場で、第41話のみ戦闘に参加した。その中で、用済みとなった(もしくは旧くなった)戦闘員を処刑したり実験台にされたことがある。

能力はショッカー戦闘員ゲルショッカー戦闘員よりかなり強化されている。ショッカー時代と同様、運動能力を向上させる以外は特別な改造は施されておらず、衣類を着用し素顔は人間と変わらない。そのため、風見志郎も衣装を奪って変装する事ができた。

デストロンレンジャー部隊
V3抹殺のために特別に訓練された戦闘員。容姿に関しては通常戦闘員との差異は見られない。
科学者班
白いタイツを着用。結城丈二はここの筆頭的存在であった。通常の戦闘員とは待遇は違い、結城の言動からたとえ大幹部でも直接命令する権限は持っていない様である。スカウト、人質脅迫、金銭報酬などで集められており優秀な科学者やその助手で構成されている。当時の児童書によれば彼らは戦闘訓練を受けた生身の人間であり、功績を挙げ幹部に任命されれば然るべき怪人への改造が施される。テレビマガジンの特写スチールで結城がタイホウバッファローを製造しているカットも存在する。

ゲスト出演 編集

仮面ライダーオーズ/OOO
2011年4月3日放送の第28話では元ショッカー戦闘員という男の欲望から生み出された戦闘員軍団に混じって登場(ただし正体はヤミーの一種)。

脚注 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki